広告マーケティングの専門メディア

           

広告業界トピックス

第13回 JPMプランニング・ソリューション・アォード各受賞作品が決定

日本プロモーショナル・マーケティング協会 坂井田稲之

第13回 JPMプランニング・ソリューション・アォード 入賞作品

「世界展」につながるプロモ企画コンテスト

日本プロモーショナル・マーケティング協会主催の第13回「JPMプランニング・ソリューション・アォード」が決定した。このコンテストの特徴は、
(1)厳格な審査フレームに基づくプロモーションの実務家による審査
(2)MAAW(Marketing Agency AssociationWorldwide)のアォード「Globes」との連携開催により「世界展」につながるコンテストであること(JPM協会が日本地区の認定審査機関)
(3)単発審査ではなく、各企業内の選抜制度との連携展開、
という3点である。

SPの企画コンテストでは、審査員の主観に判断を委ねる「総合評価」の方式が一般的である。しかし、当プランニング賞では世界基準の5つの視点で評価され、また、各項目は採点基準が細かく決められている。そのため、審査員の判断尺度のブレが最小限に抑えられる。

今年度は64点の応募があり …

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

コンテンツとコミュニケーションが“同居”するこれからの動画
JACEイベントアワードからイベントの意味合いを考える
第13回 JPMプランニング・ソリューション・アォード各受賞作品が決定(この記事です)
進むインタラクティブな展開 デジタルサイネージのパーソナライズ化
アップル社、Facebookもニュースサービスを開始 オンライン課金モデルの既存メディアに影響も
ネットの伸長が顕著に 変わりゆく日本人とテレビの関係
7月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト
6月の注目のニュースは?広告界のニュースダイジェスト
オープンソースなテレビ 表現技術の拡張が変えるもの
5年後の東京パラリンピック開催に向け日本のスポーツ文化の懐の深さを感じさせられるか
2014年度のPOP広告市場は2331億円 求められる「プロモーショナル・マーケティング」の視点
「デジタルサイネージアワード2015」に見るサイネージクリエイティブ
活用広がる可変印刷 現場の苦労が大きいという課題も
“黒船”ネットフリックスの上陸 注目されるテレビ各局の動向
マーケティングリサーチの精度を高めるには? 3つのキーワードから読み解く
新設の4Kサイネージが聖地に ロイヤルユーザーをOOHで捉える
『群像の時代 動きはじめたメディアコンテンツ』 ネットがコンテンツの形態に与える影響とは

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する