広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

5年後の東京パラリンピック開催に向け日本のスポーツ文化の懐の深さを感じさせられるか

日本イベント産業振興協会 主任研究員 越川延明

2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催に向けて

5月10日に開催された陸上競技の国際大会「セイコーゴールデングランプリ陸上2015川崎」(主催:日本陸上競技連盟)に初めて身体に障害を持つアスリートが参加した。日本陸上競技連盟が主催する競技大会でパラリンピック種目が行われたのは初めてのことであり、膝下を切断した義足の選手による男子100m走が行われ、日本の選手に加えて、招待選手としてアメリカの選手も出場した。また、男子走り高跳びの種目では、オープン出場ながら健常者に加わり、片足の膝下を切断した義足の選手が参加した。

日本陸上競技連盟と日本パラ陸上競技連盟は今年の2月にも跳躍の合同合宿を行うなど連携を進めており …

あと75%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

6月の注目のニュースは?広告界のニュースダイジェスト
オープンソースなテレビ 表現技術の拡張が変えるもの
5年後の東京パラリンピック開催に向け日本のスポーツ文化の懐の深さを感じさせられるか(この記事です)
2014年度のPOP広告市場は2331億円 求められる「プロモーショナル・マーケティング」の視点
「デジタルサイネージアワード2015」に見るサイネージクリエイティブ
活用広がる可変印刷 現場の苦労が大きいという課題も
“黒船”ネットフリックスの上陸 注目されるテレビ各局の動向
マーケティングリサーチの精度を高めるには? 3つのキーワードから読み解く
新設の4Kサイネージが聖地に ロイヤルユーザーをOOHで捉える
『群像の時代 動きはじめたメディアコンテンツ』 ネットがコンテンツの形態に与える影響とは
場や機会としての柔軟性・拡張性を社会に発信 イベントが持つポテンシャル
脱・受け身、攻めの仕事へのパスポート プロモーショナル・マーケター認証試験
村田昭治先生を偲んで 日本におけるマーケティング研究の発展に寄与
相次ぐ新聞社のクラウドファンディングへの参入 新たな層の獲得へ期待高まる
JASRAC提訴に最高裁判断 法律での係争は続く
市場を活性化させた優れた事例を表彰 「日本マーケティング大賞」発表
「住みますアジア芸人」、アジアで広がるチャンスを掴めるか
超人スポーツ本格始動 さまざまな分野をつなぎ場を創造

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する