広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

ソチ五輪本番に向けて、NHK・民放ともにネット展開も強化

テレビ・ラジオ(明石庸司)

動画サイト「gorin.jp

NHKと民放でフィギュアは分け合い

民放連とNHKはこのほど、ソチオリンピックの主要中継予定種目とインターネットなどでの展開予定を発表した。開幕まで100日を切り、放送の準備も大詰めを迎えているようだ。

オリンピックは夏季大会が1984年ロサンゼルスから、冬季大会は98年の長野からNHKと民放で組織するJC(ジャパンコンソーシアム)で放送権を取得し、制作を行っている。現地に共同の制作チームを派遣し、国際映像に実況・解説を付けて、日本に伝送。民放、NHKとも一つの競技映像を基に放送を行う。このため、オリンピックではすっかりお馴染みになったが、NHKの放送で民放のアナウンサーが実況することや、またその逆のこともある。

民放とNHKの中継種目は、メダル獲得が期待されるフィギュアスケートの、男女ショートプログラムとフリーを分け合う形となった。NHKが男子ショートプログラム(2月14日)、女子フリー(2月21日)、民放が男子フリー(フジテレビ系列、2月15日)と女子ショート(日本テレビ系列、2月20日)を放送する。ソチ大会で新たに加わったフィギュア団体もNHKと民放でそれぞれ放送。民放では、2月21日にフィギュアスケート総集編(テレビ朝日)の放送も予定する。

このほかの種目では、民放は開幕特番&フリースタイルスキー・女子モーグル(日本テレビ系列、2月6日)、スピードスケート男子500m(日本テレビ系列、2月10日)、スノーボード・男子ハーフパイプ(TBS系列、2月11日)、ノルディック複合・男子個人ノーマルヒル・10km(テレビ東京系列、2月12日)などを中継。98年長野大会以来の出場となる女子アイスホッケーも予選のロシア戦(フジテレビ系列、2月11日)とドイツ戦(テレビ朝日、2月13日)を放送する。

あと51%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

マーケティング戦略のグローバル・トレンド
ソチ五輪本番に向けて、NHK・民放ともにネット展開も強化(この記事です)
国際イベントに企業活動を加え、日本で開催する「理由」を強化
夢の対決「リアル美味しんぼ」など、新聞の特徴を活かしたコラボが多発
多様なデジタルサイネージ体験で広がる、グランフロント大阪のPR戦略
クラウドゲームがテレビにもたらす変化とは?
OOHメディアでTシャツを着用できるAR体験
2020年に向けて、国際化が進む日本のイベント業界
プロモーションに特化した、日本唯一の論文集が発刊に
活発化する「ハイブリッドキャスト」、広告ツールとしての展望は?
日本のクリエイティブ競争力を問う
動画広告のRTB件数が1年で3倍に増加、ロンドンのアドテクノロジー最前線
朝日新聞社などがウェブベルマーク運動を開始
2020東京オリンピック「イベント業界に与えられた責任」とは?
「価値共創型マーケティング」への期待
SPサービスに対する、広告主の満足度は十分か?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する