広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

動画広告のRTB件数が1年で3倍に増加、ロンドンのアドテクノロジー最前線

通信・IT(志村一隆)

124_01.jpg

アドテック・ロンドンの会場には、「MADMEN vs. MATHMEN」の大きな看板。先鋭的な取り組みが多く出展。

感動の瞬間を捉えるのがメディアの仕事

9月10日、ロンドンでアドテック・ロンドンが開催された。会場には、「MADMEN vs. MATHMEN」の大きな看板。広告業界を描いたアメリカのドラマ「MADMEN」とアドテクを駆使する新たな広告マンを掛けた洒落。

インターネット広告市場は6億ポンド(約953億円)成長し、全広告費の約10%となった。日本に比べると4~5%程シェアは少ないが、先鋭的な取り組みが多いのがイギリス・デジタル広告の特徴である。また、BBCのiPlayerに他の民放テレビ3局が情報提供しているように、オンライン動画にテレビ・コンテンツが溢れている。アメリカの調査会社「eMarketer」によれば、イギリスのオンライン動画ユーザーは、人口の過半数を超え3400万人いるという。そして、動画広告の20%は、すでに自動で広告入札、出稿、ROI管理が行える「Programmatic Advertising」によるものだという。アドテックのセッションでBrightRollの幹部は、「動画広告のRTB(Real-Time Bidding)の件数が1年で3倍に増えた」と言っていた。「自動化(Automation)」や「Programmatic Advertising」は、アドテック・ロンドンでもキーワードであり、盛んに議論されており、データ管理と出稿を一元管理するDMP(Data Management Platform)も紹介された。メディアコムのセッションでは、「広告の潮流がオーディエンス・バイイングに変わっている。多様なデータから自社ターゲットを探し出すためにDMPは必要な機能となっている」と言っていた。

あと48%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

OOHメディアでTシャツを着用できるAR体験
2020年に向けて、国際化が進む日本のイベント業界
プロモーションに特化した、日本唯一の論文集が発刊に
活発化する「ハイブリッドキャスト」、広告ツールとしての展望は?
日本のクリエイティブ競争力を問う
動画広告のRTB件数が1年で3倍に増加、ロンドンのアドテクノロジー最前線(この記事です)
朝日新聞社などがウェブベルマーク運動を開始
2020東京オリンピック「イベント業界に与えられた責任」とは?
「価値共創型マーケティング」への期待
SPサービスに対する、広告主の満足度は十分か?
東京オリンピック開催決定後に発行された「号外」の全容とは?
「ジョジョASBトレイン目撃!」聖地化するOOHメディア
フジテレビがYouTubeと制作した「マルチエンディング」な映像作品
高騰するオリンピック放映権料の行方
イベント産業を盛り上げる、観光庁が定めた「グローバルMICE強化都市」とは?
購買の動機付けと戦略企画が求められる、プロモーショナル・マーケティングの役割とは?
通信と放送の簡単すぎる融合

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する