広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

「価値共創型マーケティング」への期待

日本マーケティング学会

「第2回価値共創マーケティング研究会」を今年8月に開催。

新しい方向性を模索する研究発表

当会の今年最大のイベント「マーケティングカンファレンス2013」が、11月10日に早稲田大学8号館で開催される。「マーケティング戦略のグローバル・トレンド」をメインテーマに、良品計画の松井忠三会長とボストンコンサルティングの市井茂樹シニア・パートナーを招いた基調講演、研究者が最新の研究成果を発表するオーラルセッション、パネルに図表を掲示して逐次報告者が参加者と対話しながら進める報告会のポスターセッション、学会員同士の親睦をはかる目的の懇親会などが予定されている。

プログラムのなかでひときわ注目されているのが、リサーチプロジェクトセッションである。これは現在、学会の活動の中心となっているテーマを絞った研究会「リサーチプロジェクト」の成果を発表するもので、今回、「地域活性化マーケティング」「価値共創型マーケティング」「クリエイティブ産業とイノベーション」「ソーシャル・ビジネス」「ブランド&コミュニケーション」の5つの研究会がその成果を学会員に公開する。

なかでも期待されているのが価値共創型マーケティング研究会である。今日、企業と顧客の関係は大きく変化し、両者による価値共創が今や世界的な議論となっている。しかし、その概念はさらなる精緻化が求められており、また、既存のマーケティング理論との関係を明確にすることがマーケティング研究における喫緊の課題となっている。そこでこの研究会では、価値共創型マーケティングの特性を理論的・実証的に明らかにしたうえで、これまでの伝統的なマーケティング理論との接続を図っている。さらに、実践のための方向性を示しながら、具体的な戦略を提示することを目的としている。

あと54%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

2020東京オリンピック「イベント業界に与えられた責任」とは?
「価値共創型マーケティング」への期待(この記事です)
SPサービスに対する、広告主の満足度は十分か?
東京オリンピック開催決定後に発行された「号外」の全容とは?
「ジョジョASBトレイン目撃!」聖地化するOOHメディア
フジテレビがYouTubeと制作した「マルチエンディング」な映像作品
高騰するオリンピック放映権料の行方
イベント産業を盛り上げる、観光庁が定めた「グローバルMICE強化都市」とは?
購買の動機付けと戦略企画が求められる、プロモーショナル・マーケティングの役割とは?
通信と放送の簡単すぎる融合
産経新聞が「終活」テーマの季刊誌創刊、毎日新聞「MAINICHI RT」は休刊に
コミュニティビジネスにファンドレイジング...ソーシャル・ビジネス研究会の活動盛んに
「バルス!」世界記録を大幅更新、ツイッターと視聴率の相関明らかに
渋谷でデジタル花火大会!街頭ビジョンとスマホ連動企画増える
Facebookも活用、日本マーティング学会のWEBサイト事業
4K・8Kに対応「次世代放送推進フォーラム」設立
2012年は894人が受験、求められる「プロモーショナル・マーケター」資格

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する