広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

プロモーションに特化した、日本唯一の論文集が発刊に

プロモーション(坂井田稲之)

プロモーショナル・マーケティング研究(第6巻)

日本プロモーショナル・マーケティング学会は、2013年度の研究助成対象研究の中から、査読論文3、学術研究論文要約2、実務研究論文要約4、研究レポート要約3を収録した論文集「プロモーショナル・マーケティング研究(第6巻)」を発刊した。

日本では、プロモーションに特化した「論文集」の継続発刊は他にはない。当然、査読付きの学術論集も当誌のみである。もちろん、プロモーションに特化した「学会」も他にはなく、当学会が唯一の存在である。

最近は、マーケティング費用の支出ウエイトがプロモーション領域に大きくシフトしているが、プロモーション活動に関する理論的・実証的な研究は欧米に比べると大きく遅れている。そのため、プロモーション研究の環境は整っておらず、容易ではない中での、文字通りの労作である。

この論集(第6巻)では、査読付き学術研究論文としては、1つのWEBページ上に、多数の正の口コミと負の口コミが掲載される現実を前提とした研究、「クチコミ効果へのブランド熟知性の影響~消費者のブランド評価に着目して~」菊盛真衣(慶應義塾大学大学院商学研究科)。4種類のプロモーション手法の効果に対してスイッチング・バリアと顧客満足が与える影響について検証した「スイッチング・バリアがプロモーション効果に与える影響~携帯電話キャリアによる検討~」八島明郎(専修大学商学部専任講師)。また査読付き実務研究論文としては、小売業のEDPL戦略やPB戦略に対し、商品自体の付加価値を高める非価格プロモーション施策の検証として「五感刺激(香り・POP)による店頭プロモーションがショッパーの購買行動に与える効果検証」渡辺将行(江崎グリコ・菓子営業部首都圏統括支店)が載せられている。

あと49%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

OOHメディアでTシャツを着用できるAR体験
2020年に向けて、国際化が進む日本のイベント業界
プロモーションに特化した、日本唯一の論文集が発刊に(この記事です)
活発化する「ハイブリッドキャスト」、広告ツールとしての展望は?
日本のクリエイティブ競争力を問う
動画広告のRTB件数が1年で3倍に増加、ロンドンのアドテクノロジー最前線
朝日新聞社などがウェブベルマーク運動を開始
2020東京オリンピック「イベント業界に与えられた責任」とは?
「価値共創型マーケティング」への期待
SPサービスに対する、広告主の満足度は十分か?
東京オリンピック開催決定後に発行された「号外」の全容とは?
「ジョジョASBトレイン目撃!」聖地化するOOHメディア
フジテレビがYouTubeと制作した「マルチエンディング」な映像作品
高騰するオリンピック放映権料の行方
イベント産業を盛り上げる、観光庁が定めた「グローバルMICE強化都市」とは?
購買の動機付けと戦略企画が求められる、プロモーショナル・マーケティングの役割とは?
通信と放送の簡単すぎる融合

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する