広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

2020東京オリンピック「イベント業界に与えられた責任」とは?

イベント(越川延明)

ロンドンオリンピックでは7万人の運営ボランティアが参加した。

本当の意味での国際化

2020年オリンピック・パラリンピックの開催地が東京に決まった。

7年後と聞くとまだ遠い先のような気もするが、オリンピック・パラリンピックに関連するテストイベントは、2020年の開催2、3年前から競技ごとに複数回行われる。その内少なくとも1回は本番と同程度の規模で実施される。主に世界選手権大会が多く、これにともないスポーツ関連の国際会議も日本で多く開かれる。国際イベントは招致段階から数えると3年前から準備がはじまるため、オリンピック・パラリンピックに関連するイベントはすでに始まっていると考えてよい。

オリンピック開催地に決まったことであらゆる種類のイベント関係者の注目が東京に集まり、国際会議、学会・総会、展示会などスポーツイベント以外の国際的なイベントも東京のみならず、日本の都市が有力な選択肢の一つとして数えられやすくなる。

いままでの日本のイベント業界は、「国際イベント」と謳っても、国内で完結することが多く、関係者・参加者のほとんどが日本人、日本企業で構成されていた。これからの7年で海外のイベント業界と交流する機会を増やすなど本当の意味で国際化に対応し、その中で日本の色合いを出していかなければいけない。

あと69%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

2020東京オリンピック「イベント業界に与えられた責任」とは?(この記事です)
「価値共創型マーケティング」への期待
SPサービスに対する、広告主の満足度は十分か?
東京オリンピック開催決定後に発行された「号外」の全容とは?
「ジョジョASBトレイン目撃!」聖地化するOOHメディア
フジテレビがYouTubeと制作した「マルチエンディング」な映像作品
高騰するオリンピック放映権料の行方
イベント産業を盛り上げる、観光庁が定めた「グローバルMICE強化都市」とは?
購買の動機付けと戦略企画が求められる、プロモーショナル・マーケティングの役割とは?
通信と放送の簡単すぎる融合
産経新聞が「終活」テーマの季刊誌創刊、毎日新聞「MAINICHI RT」は休刊に
コミュニティビジネスにファンドレイジング...ソーシャル・ビジネス研究会の活動盛んに
「バルス!」世界記録を大幅更新、ツイッターと視聴率の相関明らかに
渋谷でデジタル花火大会!街頭ビジョンとスマホ連動企画増える
Facebookも活用、日本マーティング学会のWEBサイト事業
4K・8Kに対応「次世代放送推進フォーラム」設立
2012年は894人が受験、求められる「プロモーショナル・マーケター」資格

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する