広告マーケティングの専門メディア

2014マーケティング・キーワード

2013年、100万人が「艦隊育成シミュレーションゲーム」にハマった理由

佐藤誠一(博報堂 コンテンツビジネスラボ)

注目しているのは、2013年4月末にローンチした艦隊育成シミュレーションゲーム「艦隊これくしょん(艦これ)」です。当初は約2万人のユーザー登録を目指していたそうですが、11月現在の登録ユーザーは100万人、平日のアクティブユーザーは50万人という大人気ゲームになっています。ルールはシンプルで、第2次世界大戦中の日本軍の戦艦を少女に擬人化した「艦娘(かんむす)」を集めて艦隊を組み、戦いをクリアしていくというもの。サーバーが満員になるたびに拡張を繰り返して対応しているのですが、2014年もどこまでユーザー数を伸ばすのか楽しみです。

成功の要因のひとつとして、キャラクターデザインをはじめ、随所に史実や時事に基づくネタが盛り込まれていることがあります。歴史やミリタリーファンがリリース直後からハマり始め、SNSやまとめサイトが大いに盛り上がりました。少数の人がどっぷりとそのコンテンツにハマって騒ぎだし、それがソーシャルメディアによって見える化されて、気づいた周囲の人も一緒になって盛り上がり始め、"うねり"となって広がっていく。我々はこれを「コンテンツ発火モデル」と呼んでいます。

見る人が見れば「もしや!」と気づくフックが散りばめられた、"情報密度"が高いコンテンツは他にもあります。たとえば過去のアニメ作品からの引用がふんだんに盛り込まれたテレビアニメ『キルラキル』もそうですし、実はあの『あまちゃん』も同じ構造です。これらは、過去のアーカイブが多いという点で、ある程度、年齢層が高い人たちがハマる可能性が高い。こうしたコンテンツが支持される傾向は、2014年も続くのではないでしょうか。

佐藤誠一

博報堂 コンテンツビジネスラボ

2014マーケティング・キーワード の記事一覧

生活者主導時代の「聞かない」調査手法とは?
「コンシューマライゼーション」とは何か?
「体験のパーソナル化へ」年末のプロジェクションマッピングに要注目!
『Mart』編集長×博報堂生活総研×電通総研のリアル予測!2014年の消費マインド
電通・菅野薫さんが解説「クアッドコプター」「モーションキャプチャーカメラ」の可能性
2014年の消費者リサーチ「予測と最適化だけではイノベーションは生まれない」
2013年、100万人が「艦隊育成シミュレーションゲーム」にハマった理由(この記事です)
2014年は「現実世界に滲みだすインタラクティブ表現」に注目せよ
持続可能な地域をつくる、愛知県豊田市の「Toyota Bamboo Project」とは?
進むユーザー行動の「断片化」。2014年、企業はアドテクノロジーを使いこなせるか?
2014年、マスメディア脱皮のヒントは「ライブ感」にあり
2014年のコンテンツ市場活性化のカギは、スマホの「出会わせ力」にあり
2014年の人気CMタレント予想、注目株は堺雅人・有村架純
2014年、企業における「CMO機能」元年はやって来るのか?
東京プリン・伊藤洋介さんが注目!爽やか&イケメンだけど女々しいアイドル
佐々木康晴×福部明浩「賛否両論を覚悟で企画する楽しさ」
次世代テクノロジーで「買う瞬間」をデザインできるか
差別化?ツッコミ待ち?2014年注目のご当地キャラは「インディーズ系」
秋山具義さんが注目!2014年ブレイク確実の美少女タレント集

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する