広告マーケティングの専門メディア

2014マーケティング・キーワード

進むユーザー行動の「断片化」。2014年、企業はアドテクノロジーを使いこなせるか?

菅 恭一(朝日広告社)×樋口隆文(MILLENIAL MEDIA)×広屋修一(サイバー・コミュニケーションズ)

日本でも普及しつつある各種アドテクノロジーですが、次に必要とされるのが、それを使いこなすための視座。マルチデバイス時代、ユーザー行動が断片化していく中で、いかに継続的な関係を構築できるか。企業側のマーケティングのリテラシーが求められています。

左から、朝日広告社 菅 恭一、サイバー・コミュニケーションズ 広屋修一、MILLENNIAL MEDIA 樋口隆文

樋口▶ 2014年に向けて注目しているテクノロジー・手法としては、スマホ向けの動画広告・リッチ広告があります。すでに米国では、この市場は成長期にありますが、日本でもようやく活性化し始めるのではと考えています。

広屋▶ 確かに。海外と日本の状況を比較し、明らかに市場の大きさに差があるのが動画広告ですよね。私も今後、日本でも流行ると思いますし、特にスマホ広告の市場活性化のために、流行ってほしい!という思いもあります。

菅▶ リッチアドの市場ができないと、スマホ広告のマネタイズは難しいと思います。PC向けの広告は1996年頃に始まり、最初は手売り、その後アドネットワークが登場し、プログラマティックになっていきますが、このプロセスを経ているので、プレミアムとプログラマティック双方が両立するマーケットになっています。一方でスマホの場合は、アドテクノロジーが浸透してから登場したので、最初からプログラマティックな広告が来てしまった。トラフィックがPCからスマホへと移行していく中で、メディア企業は今、利益率の課題に直面しています。

広屋▶ 現在、ネット系メディアはトラフィック全体の約2~2.5割がスマホにシフトしている状況ですが、ここがマネタイズできていないのが共通の課題ですね。当社の「ADJUST forSmartphone」では、ブランド広告主に納得いただけるよう、プレミアム・スマホ媒体上でのリッチメディア広告の開発に積極的に取り組んでいます。

樋口▶ 北米の傾向として、ブランド広告主がリッチ広告を出稿した後、効果測定に力を入れている印象がありますね。ブランド広告なので、その後の検索行動や、リアル店舗への来店率などの計測を行う企業が増えていて、日本でもリッチ広告の普及とともに盛り上がってくる市場だと考えています。リッチ広告の場合は、直接的な効果だけでなく、間接的な効果も含めた測定が求められるので、また新しい手法が開発されていくと期待しています。

あと83%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

2014マーケティング・キーワード の記事一覧

生活者主導時代の「聞かない」調査手法とは?
「コンシューマライゼーション」とは何か?
「体験のパーソナル化へ」年末のプロジェクションマッピングに要注目!
『Mart』編集長×博報堂生活総研×電通総研のリアル予測!2014年の消費マインド
電通・菅野薫さんが解説「クアッドコプター」「モーションキャプチャーカメラ」の可能性
2014年の消費者リサーチ「予測と最適化だけではイノベーションは生まれない」
2013年、100万人が「艦隊育成シミュレーションゲーム」にハマった理由
2014年は「現実世界に滲みだすインタラクティブ表現」に注目せよ
持続可能な地域をつくる、愛知県豊田市の「Toyota Bamboo Project」とは?
進むユーザー行動の「断片化」。2014年、企業はアドテクノロジーを使いこなせるか?(この記事です)
2014年、マスメディア脱皮のヒントは「ライブ感」にあり
2014年のコンテンツ市場活性化のカギは、スマホの「出会わせ力」にあり
2014年の人気CMタレント予想、注目株は堺雅人・有村架純
2014年、企業における「CMO機能」元年はやって来るのか?
東京プリン・伊藤洋介さんが注目!爽やか&イケメンだけど女々しいアイドル
佐々木康晴×福部明浩「賛否両論を覚悟で企画する楽しさ」
次世代テクノロジーで「買う瞬間」をデザインできるか
差別化?ツッコミ待ち?2014年注目のご当地キャラは「インディーズ系」
秋山具義さんが注目!2014年ブレイク確実の美少女タレント集

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する