広告マーケティングの専門メディア

2014マーケティング・キーワード

佐々木康晴×福部明浩「賛否両論を覚悟で企画する楽しさ」

佐々木康晴(電通)×福部明浩(catch)

デジタル化によって情報の消費スピードが上がった現代、クリエイターに求められていることとは?

 

左:catch クリエイティブディレクター、コピーライター 福部明浩(ふくべ・あきひろ)氏
右:電通 シニア・クリエーティブディレクター 佐々木康晴(ささき・やすはる)氏

福部▶ ここ2年ほどで、「ビッグデータ」への注目が驚くほど高まっていますよね。実際、どれくらいのことがわかって、どれだけ未来に活かせるものなんでしょうか。

佐々木▶ 僕は、一種の"まやかし"と捉えています(笑)。消費者の行動データが見える化され、計測することもできるのですが、そのデータをどのように活かすかは、結局はそのデータを読み解く「人」次第。つまり、重要なのはクリエイティビティだと思います。「何となく『青色』が良い」では企画が通りにくくなっている今、「データでは皆が『青色』を選んでいるから『青色』にしましょう」「データでは皆が『青色』を選んでいるけれど、このかすかなデータの変化を転機と考え、『赤色』にしましょう」といった具合に、企画の説得力を上げるための根拠として使うのが良いと思います。

あと84%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

2014マーケティング・キーワード の記事一覧

生活者主導時代の「聞かない」調査手法とは?
「コンシューマライゼーション」とは何か?
「体験のパーソナル化へ」年末のプロジェクションマッピングに要注目!
『Mart』編集長×博報堂生活総研×電通総研のリアル予測!2014年の消費マインド
電通・菅野薫さんが解説「クアッドコプター」「モーションキャプチャーカメラ」の可能性
2014年の消費者リサーチ「予測と最適化だけではイノベーションは生まれない」
2013年、100万人が「艦隊育成シミュレーションゲーム」にハマった理由
2014年は「現実世界に滲みだすインタラクティブ表現」に注目せよ
持続可能な地域をつくる、愛知県豊田市の「Toyota Bamboo Project」とは?
進むユーザー行動の「断片化」。2014年、企業はアドテクノロジーを使いこなせるか?
2014年、マスメディア脱皮のヒントは「ライブ感」にあり
2014年のコンテンツ市場活性化のカギは、スマホの「出会わせ力」にあり
2014年の人気CMタレント予想、注目株は堺雅人・有村架純
2014年、企業における「CMO機能」元年はやって来るのか?
東京プリン・伊藤洋介さんが注目!爽やか&イケメンだけど女々しいアイドル
佐々木康晴×福部明浩「賛否両論を覚悟で企画する楽しさ」(この記事です)
次世代テクノロジーで「買う瞬間」をデザインできるか
差別化?ツッコミ待ち?2014年注目のご当地キャラは「インディーズ系」
秋山具義さんが注目!2014年ブレイク確実の美少女タレント集

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する