広告マーケティングの専門メディア

2014マーケティング・キーワード

「コンシューマライゼーション」とは何か?

永松範之(デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム)

マーケティング、メディア、リサーチ、広告表現...あらゆる領域で、今あらためて顧客/生活者/ユーザーを重視する傾向が強まっていることが明らかになりました。ここでは、"生活者主導"の時代にマーケターとして知っておきたい2つのトレンドを解説します。

今や多くのビジネスに取り入れられている「コンシューマライゼーション」の概念。これは、一般消費者向けの製品やサービスが、ビジネスの現場にも浸透しつつある状況のことである。分かりやすい例としては、iPadのようなタブレット端末を接客ツールとして活用する、フェイスブックグループを社内での情報共有のために活用するといったことが挙げられる。

コンシューマライゼーションには(1)スマートデバイスの普及によって、場所を選ばずに仕事ができるようなマルチデバイス対応の環境整備を行うハード面の利便性、(2)普段使い慣れたサービスのユーザビリティを企業システムにも適用するソフト面での利便性、という2つの側面がある。

B2Bにおいては、大きく4つの視点での対応が必要である(上図)。スマートデバイス対応やクラウド対応については、スマートフォンの普及やAmazonEC2のような信頼性の高いクラウドソリューションの提供によって、環境整備が行いやすい状況となってきている。ソーシャル対応についても、ここ数年のB2Bにおけるソーシャル対応の重要性の高まりによって、SalesforceをはじめさまざまなB2Bソリューションの対応が進展している。

あと52%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

2014マーケティング・キーワード の記事一覧

生活者主導時代の「聞かない」調査手法とは?
「コンシューマライゼーション」とは何か?(この記事です)
「体験のパーソナル化へ」年末のプロジェクションマッピングに要注目!
『Mart』編集長×博報堂生活総研×電通総研のリアル予測!2014年の消費マインド
電通・菅野薫さんが解説「クアッドコプター」「モーションキャプチャーカメラ」の可能性
2014年の消費者リサーチ「予測と最適化だけではイノベーションは生まれない」
2013年、100万人が「艦隊育成シミュレーションゲーム」にハマった理由
2014年は「現実世界に滲みだすインタラクティブ表現」に注目せよ
持続可能な地域をつくる、愛知県豊田市の「Toyota Bamboo Project」とは?
進むユーザー行動の「断片化」。2014年、企業はアドテクノロジーを使いこなせるか?
2014年、マスメディア脱皮のヒントは「ライブ感」にあり
2014年のコンテンツ市場活性化のカギは、スマホの「出会わせ力」にあり
2014年の人気CMタレント予想、注目株は堺雅人・有村架純
2014年、企業における「CMO機能」元年はやって来るのか?
東京プリン・伊藤洋介さんが注目!爽やか&イケメンだけど女々しいアイドル
佐々木康晴×福部明浩「賛否両論を覚悟で企画する楽しさ」
次世代テクノロジーで「買う瞬間」をデザインできるか
差別化?ツッコミ待ち?2014年注目のご当地キャラは「インディーズ系」
秋山具義さんが注目!2014年ブレイク確実の美少女タレント集

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する