広告マーケティングの専門メディア

2014マーケティング・キーワード

2014年の人気CMタレント予想、注目株は堺雅人・有村架純

ビデオリサーチ 中奥美樹

今回は、2013年の話題ドラマをベースに、2014年、当社の「タレントイメージ調査(タレイメ)」で人気度がアップしそうなタレントに注目してみます。2013年の話題ドラマの筆頭は、やはり最終回で番組平均視聴率42.2%(関東地区)を記録した『半沢直樹』でしょう。主演の堺雅人は、大河ドラマ『新選組!』(04年)、『篤姫』(08年)の好演で人気が高まりましたが、主演で注目されるようになったのは、2012年4月開始の『リーガル・ハイ』頃からではないでしょうか。タレイメで堺の人気度をみると、同作放送前は、調査対象の男性タレント500人中132位でしたが、8月では51位に、そして『半沢直樹』放送中の2013年8月には32位まで上昇しました。10月クールでは『リーガル・ハイ』第2シリーズも好調、CMへの起用も増えています。来年も話題を集めるドラマや映画に出演するでしょうから、2014年の人気度上位に食い込んでくることが予想されます。

 

もう一つは、『じぇじぇじぇ!』という流行語を生んだ『あまちゃん』です。ここでは、来年以降のブレイクを期待するという意味で若手に注目。主役の能年玲奈のほか、橋本愛、福士蒼汰、有村架純、東出昌大らが出演していました。8月のタレイメでは、まだ5人とも知名度・人気度ともに高くありませんでしたが、『あまちゃん』以降もドラマやCMなどでの活躍が続いています。特に、主人公の母の若い頃を演じた有村架純は、『あまちゃん』放送開始以降、リクルート『FromAnavi』など9社のCMに起用されている注目株です。

ビデオリサーチ ソリューション推進局 テレビ事業推進部 専門職部長 
中奥美紀(なかおく・みき)

入社以来、テレビ番組視聴率分析、テレビ関連の調査に従事。趣味と仕事を兼ねてドラマは毎クール10本以上視聴。

2014マーケティング・キーワード の記事一覧

生活者主導時代の「聞かない」調査手法とは?
「コンシューマライゼーション」とは何か?
「体験のパーソナル化へ」年末のプロジェクションマッピングに要注目!
『Mart』編集長×博報堂生活総研×電通総研のリアル予測!2014年の消費マインド
電通・菅野薫さんが解説「クアッドコプター」「モーションキャプチャーカメラ」の可能性
2014年の消費者リサーチ「予測と最適化だけではイノベーションは生まれない」
2013年、100万人が「艦隊育成シミュレーションゲーム」にハマった理由
2014年は「現実世界に滲みだすインタラクティブ表現」に注目せよ
持続可能な地域をつくる、愛知県豊田市の「Toyota Bamboo Project」とは?
進むユーザー行動の「断片化」。2014年、企業はアドテクノロジーを使いこなせるか?
2014年、マスメディア脱皮のヒントは「ライブ感」にあり
2014年のコンテンツ市場活性化のカギは、スマホの「出会わせ力」にあり
2014年の人気CMタレント予想、注目株は堺雅人・有村架純(この記事です)
2014年、企業における「CMO機能」元年はやって来るのか?
東京プリン・伊藤洋介さんが注目!爽やか&イケメンだけど女々しいアイドル
佐々木康晴×福部明浩「賛否両論を覚悟で企画する楽しさ」
次世代テクノロジーで「買う瞬間」をデザインできるか
差別化?ツッコミ待ち?2014年注目のご当地キャラは「インディーズ系」
秋山具義さんが注目!2014年ブレイク確実の美少女タレント集

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する