広告マーケティングの専門メディア

現代 宣伝・広告の実務

オウンドメディアで「必然に出逢った」ユーザーを顧客化する方法

成田幸久(インフォバーン 執行役員/部門長)

オウンドメディアマーケティングで課題となるのが、魅力ある継続的なコンテンツ作り。従来の広告(ペイドメディア)との違いを踏まえ、コンテンツが果たす役割について理解を深めよう。

Point1

オウンドメディアにおける「良いコンテンツ」は、ユーザーとの「必然の出逢い」を誘引するトリガーとなる。

Point2

「良いコンテンツ」を作るためには、迷えるユーザーの「課題・悩み・欠乏感」に解決策を提示し、継続的に訪問したくなるストーリー戦略が必要。

Point3

オウンドメディアのメリットを最大限に活かすには、アーンドメディアによる「拡散」、ペイドメディアによる「認知、集客」という支援が欠かせない。

「必然に出逢った」ユーザーを顧客化する

広告はラブレターである─佐藤尚之氏の著書『明日の広告』で知る人も多いと思うが、広告業界ではこの「広告はラブレター」というメッセージが長年、定説として親しまれてきた。

ラブレターは自分の思いを伝えて、返事がなければそのまま諦め、返事があればラッキー、という一方通行のコミュニケーションである。しかし、インターネットやソーシャルメディアが普及した時代、いまどきラブレターを書く人も珍しければ、受け取って喜ぶ人も少ないだろう。美しい文章を綴った一通のラブレターより、LINEで送るスタンプ付きのたった一行のメッセージのほうが、相手の心を動かすことだってある。

つまり、自分の気持ちを一方的にラブレターだけで伝え、返事を期待するという手は、もはや通用しなくなってきているのも、また事実なのである。

あと89%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

現代 宣伝・広告の実務 の記事一覧

オウンドメディアで「必然に出逢った」ユーザーを顧客化する方法(この記事です)
Web仙人・増井達巳さん「企業に統合型Webマスターが必要な理由」
進化するマーケティングの統計モデリングを理解するには?
基本からわかる、「DMP」運用のための3ステップ
ラストクリック偏重の功罪。「広告効果の可視化」による波紋を考える
Hanako、Martの企業タイアップに見る、共感を作る「編集長の力」
第6のメディアの出現「マスコミからスマコミへ」
新聞広告の日に未来の新聞を考える
まとめサイトなど「ミドルメディア」の登場で変わった、ニュースの生態系
HD映像からCM運用まで、デジタル技術はテレビをどう変えたか
大手広告主のテレビ出稿「一社提供」復活なるか?
媒体計画から評価まで、メディアプランニングの実践

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する