広告マーケティングの専門メディア

2014マーケティング・キーワード

持続可能な地域をつくる、愛知県豊田市の「Toyota Bamboo Project」とは?

トム・ヴィンセント

どの地域にも、基本的に3種類の「環境」があるとしましょう。(1)自然環境:山や森、いわば地球そのもの、(2)人間社会の環境:町や道路など私たちが住む場所、(3)経済環境:私たちの生活を可能にするお金、仕事、物流などのことで、これら3つを切り離すことはできません。ある地域を元気にするには、同時に3つの環境を健康にしなければならない。これらすべてが健康である地域が、この先も長く残っていく地域なのでしょう。

地域を元気にするには話題を作ればいい、という考え方があり、そこにはメディアや宣伝という便利なツールがあります。しかし、どんなにうまくメディアや宣伝の力を利用しても、最終的にはその地域に住む多くの人が豊かに、幸せに暮らしていなければ、意味はありません。つまり、発信する力と解決させる力は別物だということ。発信ができているから、必ずしも成功しているということではないのです。

さて、いま私が注目している地域は愛知県豊田市です。「え?豊田って、あのトヨタ?」と連想する人が多いかもしれません。トヨタはコカ・コーラなどと並び立つ世界的なメガブランドとして知られていますが、豊田市の面積が東京23区の約1.5倍(約920k㎡)あり、その約8割は自動車産業とはほど遠い、山と農地から成っていることはあまり知られていません。その豊田市で私たちが目を付けたのは「竹」。2013年夏に「Toyota Bamboo Project」を立ち上げ、豊田山間部にある竹林の保全を目的に、竹を有効利用することを目指しています。100年後には自然と技術(=人間の知恵)が共に働き、地球にとっても、人にとっても、日本の田舎は最高に豊かで、真に持続可能な環境になっている――そうなると信じて、長年放置された豊田市の竹林を豊かな森に戻し、前述の3つの「環境」の面から「やっかいもの」になってしまった竹が再び「役立つもの」になるように、根本的な対策や楽しい企画に取りかかっています。

本当に注目すべき地域は、真の意味で持続可能な地域のことだと思います。それを実現するには、地道に目の前の課題に取り組みつつ、「今やっていることは、50年後、100年後、この地域に住む人が幸せに暮らすことにつながるのか?」――3つの「環境」を意識しながら、活動していく必要があると思います。

Tonoloop Networks, Inc. トム・ヴィンセント

企業、団体、プロジェクト、個人の「おもしろい」を世界に届くためのお手伝いするトノループ・ネットワークス代表。バイリンガルウェブ情報誌「PingMag」編集長。

2014マーケティング・キーワード の記事一覧

生活者主導時代の「聞かない」調査手法とは?
「コンシューマライゼーション」とは何か?
「体験のパーソナル化へ」年末のプロジェクションマッピングに要注目!
『Mart』編集長×博報堂生活総研×電通総研のリアル予測!2014年の消費マインド
電通・菅野薫さんが解説「クアッドコプター」「モーションキャプチャーカメラ」の可能性
2014年の消費者リサーチ「予測と最適化だけではイノベーションは生まれない」
2013年、100万人が「艦隊育成シミュレーションゲーム」にハマった理由
2014年は「現実世界に滲みだすインタラクティブ表現」に注目せよ
持続可能な地域をつくる、愛知県豊田市の「Toyota Bamboo Project」とは?(この記事です)
進むユーザー行動の「断片化」。2014年、企業はアドテクノロジーを使いこなせるか?
2014年、マスメディア脱皮のヒントは「ライブ感」にあり
2014年のコンテンツ市場活性化のカギは、スマホの「出会わせ力」にあり
2014年の人気CMタレント予想、注目株は堺雅人・有村架純
2014年、企業における「CMO機能」元年はやって来るのか?
東京プリン・伊藤洋介さんが注目!爽やか&イケメンだけど女々しいアイドル
佐々木康晴×福部明浩「賛否両論を覚悟で企画する楽しさ」
次世代テクノロジーで「買う瞬間」をデザインできるか
差別化?ツッコミ待ち?2014年注目のご当地キャラは「インディーズ系」
秋山具義さんが注目!2014年ブレイク確実の美少女タレント集

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する