広告マーケティングの専門メディア

MONTHLY RANKING

今月の「企業ブランド想起率」上位20社

任天堂

テレビCMから企業名、想起できますか?国内の宣伝費上位企業39社を対象に、過去半年間に流れたテレビCMの想起率、およびそのCMから企業名想起できたサンプル数を1カ月ごとにリサーチ。これにより企業ブランドの想起率を算出。さらに、特に注目したい1社の半年間の平均値の推移を検証します。

関ジャニ∞がパーティーゲームで白熱!!
任天堂 Wii Party U 「フォークダンス」篇ほか

   

Wii Party U 商品写真

今回はCM想起数が前月から87ポイントと大きくアップした任天堂を取り上げます。想起数アップの要因となったのは、任天堂Wii U専用のパーティゲーム「Wii Party U」。

このCMは、10月中旬に放映をスタート。人気アイドルグループの関ジャニ∞を起用し、メンバーがそれぞれ大家族の一員に扮してリビングでパーティゲームを楽しむ様子をコミカルに描いています。CMは、「フォークダンス」篇、「テーブルベースボール」篇、「ツイストフィンガー」篇、「カメラに写るな」篇、「ボイスウェーブ」篇、「へんてこ水泳大会」篇と、80種類のミニゲームの中から代表的なものを紹介した素材が複数放映されています。

想起者の属性をみると、男性40%・女性60%と、やはり関ジャニ∞起用の影響か女性の割合が高い。年代別では男女ともに20代が最も高く、次いで女性の40代から想起されています。「関ジャニがWii Party Uを本当に楽しんでいるように見えた」(20代男性)、「ゲームというと一人で遊ぶというイメージが強かったが、みんなでワイワイしながら楽しめるゲームも試してみたくなった」(20代女性)、「仲の良さや楽しそうな様子が伝わってきて、観ていて面白い」(40代女性)、「家族で楽しめることを強調していて、実際に試してみたくなった」(40代女性)など、楽しんでゲームをする様子に好感を持った意見が目立ちました。

今期は「Wii U」の不振が続いた任天堂ですが、クリスマスやお正月を前に"家族や友だちと一緒に楽しめる"点に重点を置いたアプローチ方法で、年末商戦に向けて巻き返しが予想されます。

 

※コミュニケーションデータシステム(CDS)が行う、1週間単位で記憶・印象に残っているCM調査(関東130万人のモニターから毎週1200人を抽出)から分析。

 

MONTHLY RANKING の記事一覧

今月の「企業ブランド想起率」上位20社(この記事です)
今月の「企業ブランド想起率」上位20社
今月の「企業ブランド想起率」上位20社
今月の「企業ブランド想起率」上位20社
今月の「企業ブランド想起率」上位20社
今月の「企業ブランド想起率」上位20社
CMのパブリシティ量を独自調査/8月号

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する