日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

PRで加速する地方創生

小泉進次郎氏に突撃 被災地を風化させないための広報とは

東日本大震災発生から4年が経過した今、被災地に関する報道は減少しつつある。復興庁で「新しい東北」を掲げ、活動してきた小泉進次郎氏は「被災地からの発信力こそ重要」と語る。

小泉進次郎氏

小泉氏「若い発信力に期待」

東日本大震災からの復興を動画で盛り上げたい─。復興庁などが主催する合宿型映像制作プログラム「Creative Summer Camp 2015」のファイナルイベントが9月29日、都内で開催された。「新たな東北の売り出し方」をテーマに、学生など若手クリエイターらが30秒の動画を制作するという企画である。

復興庁では、「新しい東北」と銘打ち、学生やクリエイターなどと連携した事業を展開。被災地の発信力強化を目指しており、今回の事業はその一環となる。撮影は8月から9月にかけ、福島県会津、宮城県石巻、山形県赤湯で行われ、前述のファイナルイベントには、小泉進次郎・前復興政務官も登場。終了後、広報会議の取材に応じた。

イベントで審査員も務めた小泉氏。普段関わることの少ない学生を ...

あと63%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

PRで加速する地方創生 の記事一覧

YKK吉田会長が明かす 本社機能移転までの道のりと現実とは?
岩手県が位置ゲームベンチャーと組んだ理由とは
3カ月のスピード協定実現の理由は?オプティム×佐賀大×佐賀県
リコー社員が市役所に常駐 奈良県葛城市との協定成功の理由
専門家に聞く 地方創生×PRの最新事情
企業と地方自治体、共創PRを実現するためには?
ニンジャを世界に売り込む 元アナウンサー・三重県伊賀市長のPR力
小泉進次郎氏に突撃 被災地を風化させないための広報とは(この記事です)
40以上の自治体と協定 マイクロソフト樋口会長に聞く、地方創生ビジョン
鈴木知事に聞く 三重で官民連携が続々実現する理由とは?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する