日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

PRで加速する地方創生

ニンジャを世界に売り込む 元アナウンサー・三重県伊賀市長のPR力

三重県伊賀市市長 岡本 栄氏

「クールジャパン」を象徴するコンテンツでもある日本の「忍者」。三重県伊賀市ではミラノ万博にも出展するなど、インバウンドを呼び込む取り組みに注力している。

三重県伊賀市市長 岡本 栄氏(おかもと・さかえ)
関西テレビ放送のアナウンサーから、2012年に初当選、現在1期目。「観光立市」をめざし、地域全体で観光客を受け入れる体制づくりに注力する。

忍者ゆかりの自治体が一体に

10月9日、忍者にゆかりのある地方自治体や民間団体などが連携して情報発信し、地域振興や観光客誘致につなげようと「日本忍者協議会」が発足した。2020年の東京五輪開催に向け、「クールジャパン」コンテンツのひとつである忍者を切り口に、一体となりPRするのが狙いだ。

協議会には、神奈川、長野、三重、滋賀、佐賀の5県など10自治体が参加。同日、発足を記念して都内で開かれた記者発表会には、各地の忍者衣装を身にまとった知事や副知事、市長らが登場。全国紙のほか、各地のローカルメディアの記者ら報道関係者約100人も参加し、会場は立ち見が出るほどの盛況ぶりとなった。

個性豊かな忍者姿の知事、市長らが並ぶ中、ひときわ鮮やかな衣装で注目を集めたのが …

あと69%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

PRで加速する地方創生 の記事一覧

YKK吉田会長が明かす 本社機能移転までの道のりと現実とは?
岩手県が位置ゲームベンチャーと組んだ理由とは
3カ月のスピード協定実現の理由は?オプティム×佐賀大×佐賀県
リコー社員が市役所に常駐 奈良県葛城市との協定成功の理由
専門家に聞く 地方創生×PRの最新事情
企業と地方自治体、共創PRを実現するためには?
ニンジャを世界に売り込む 元アナウンサー・三重県伊賀市長のPR力(この記事です)
小泉進次郎氏に突撃 被災地を風化させないための広報とは
40以上の自治体と協定 マイクロソフト樋口会長に聞く、地方創生ビジョン
鈴木知事に聞く 三重で官民連携が続々実現する理由とは?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する