日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

PRで加速する地方創生

リコー社員が市役所に常駐 奈良県葛城市との協定成功の理由

リコージャパン/奈良県葛城市

奈良県葛城市とリコージャパンは9月、行政効率化や地域活性化などに関する連携協定を結んだ。リコーでは、葛城市の課題を知るため、市庁舎内に社員を派遣することで、課題に即した提携が実現した。

研究会から始まった5S活動

整理整頓で行政効率化 リコー×葛城市の5S活動 
2014年、リコージャパンと奈良県葛城市との間でスタートした共同プロジェクトに基づき、整理整頓などの5S活動を実施。机の上は美しく整頓され、職員へのアンケートによると、来庁者の反応や職員のモチベーションにも変化がみられたという。

2015年9月、リコージャパンと奈良県葛城市は地域住民へのサービス向上と地域活性化に向けた連携協定を締結した。締結時の記者会見には、リコージャパン(以下リコー)の佐藤邦彦社長、葛城市の山下和弥市長が登場。大手新聞社など28メディアが出席し、地方創生関連の企業の取り組みへの注目度の高さをうかがわせた。

「葛城市との出会いは2013年のことです。葛城市の今後の住民サービスのあり方について検討するために発足した『新時代葛城クリエーション研究会』のメンバーになったことが始まりです」。

そう語るのは、同社バーティカルマーケティングセンター センター長の石井克明氏。この研究会がきっかけとなり、リコーと葛城市との共同プロジェクトがスタートすることとなった。

2014年度には、葛城市庁内の整理・整頓・清掃・清潔・躾を徹底する「5S活動」を開始。事務備品の購買抑制や不要文書の廃棄、整理整頓を市長抜擢の職員とともに進め、職場環境の改善を始めた。

このプロジェクトマネージャーを務めたリコーの保川憲二氏は5S活動を推進した経験から、官民連携のポイントをこう語る …

あと68%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

PRで加速する地方創生 の記事一覧

YKK吉田会長が明かす 本社機能移転までの道のりと現実とは?
岩手県が位置ゲームベンチャーと組んだ理由とは
3カ月のスピード協定実現の理由は?オプティム×佐賀大×佐賀県
リコー社員が市役所に常駐 奈良県葛城市との協定成功の理由(この記事です)
専門家に聞く 地方創生×PRの最新事情
企業と地方自治体、共創PRを実現するためには?
ニンジャを世界に売り込む 元アナウンサー・三重県伊賀市長のPR力
小泉進次郎氏に突撃 被災地を風化させないための広報とは
40以上の自治体と協定 マイクロソフト樋口会長に聞く、地方創生ビジョン
鈴木知事に聞く 三重で官民連携が続々実現する理由とは?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する