販売促進の専門メディア

Idea&Techniques

カラコンブランドのエバーカラーが「目」のつく駅にポスターを掲出

アイセイ

コンタクトレンズの卸販売などを手掛けるアイセイ(大阪・大阪)は、自社のカラーコンタクトブランド「EverColor1day(エバーカラーワンデー)」の新商品発売に伴って、ブランドの認知および売上拡大を目指し、4月4日から交通広告の展開を実施。カラーコンタクトにちなんで「目」のつく駅にポスターを掲出し、「#このまなざしに一目惚れ」という広告メッセージを周知した。

ポスターは、東京の目黒駅や新宿三丁目駅をはじめ、大阪の谷町四丁目駅や札幌の西18丁目駅など、全国の23駅に展開。掲出する駅に合わせて異なるクリエイティブを制作した。

ポスターはSNSを中心に話題になり、Twitter上では「職場の最寄り駅で見かけた!」「ポスターを見て思わず検索した、面白い!」といったコメントが寄せられた。また、関連ツイート数はリツイートも含めて1万5千件(4月8日時点)にのぼり、トレンド入りも果たした。

「同時期にTwitterキャンペーンの実施や、目のつく駅への広告展開の1週間前から渋谷駅で新木優子さんのブランドモデル就任の広告展開を行い、話題が途切れないことを意識したことが、結果として数多くのツイート数につながったと考えられます」と、同社マーケティング部の中原直樹氏は分析する。

一連のプロモーションの結果、取引先での露出が拡大し、商品の欠品を招くほどの売れ行きに。売上は、計画値を大きく上回った。「ユーザーの購買行動に沿った施策であるか、流通先にブランドの期待値をもっていただける企画であるかを突き詰めたことで、今回の施策の成功につながった」(中原氏)

青山一丁目駅に掲出したポスターのクリエイティブ。

香川県高松市に位置する松島二丁目駅でのポスター掲出の様子。

目黒駅での実際のポスター掲出の様子。

Idea&Techniquesの記事一覧

Idea&Techniquesの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する