販売促進の専門メディア

Idea&Techniques

味の素冷凍食品「ギョーザ」50周年 子ども向けの教育番組公開

味の素冷凍食品

味の素冷凍食品は、発売50周年を迎えた「ギョーザ」を通して食を学ぶ、子ども向けのWeb教育番組「ギョー育TV」を、同社公式YouTubeチャンネルでスタートした。

これは、「ギョーザ」が“子どもの好きな料理NO.1”になることを目指し、「ギョーザ」を通して食の学びや料理の楽しさ、家族と食卓を囲む時間の大切さを、食育の観点で伝える教育番組。

4月28日に最初の動画が公開され、その中でメインの出演者であるお笑いコンビ「錦鯉」が、“子どもの好きな料理NO.1”を目指すことを宣言した。続けて、「こどもの日」に先駆けて5月2日に2本目を、「母の日」に先駆けて5月6日に3本目を公開。6月6日には「父の日」をテーマとした動画の公開を予定し、いずれもゴールデンウィークや「母の日」など、家族のコミュニケーションが増える時期を狙ったスケジュールとした。

視聴者からは、錦鯉の2人が子どもたちにやさしく話しかけながらやり取りしているのが「ほのぼのする」「かわいい」といった声や、子どもたちの予想外の発言に全力で向き合いながらも少し空回ってしまう錦鯉が「おもしろい」などといった声が聞かれた。

“子どもの好きな料理NO.1”になるというコンセプトは、今年4月に3〜12歳を対象に行った「子どもの好きな料理」に関する調査で、餃子が12位だったことから立案。「ギョーザ」の調理成功体験や喫食を通じ、子どもの身体と心の成長の一助になることを目指すとともに、食卓をサポートしながら「ギョーザ」で家族を元気にしたいと考えて、「ギョー育TV」を企画した。

「ギョー育TV」のキャプチャ。「ギョーザ」を通じて子どもたちが楽しめるようなコンテンツを意識した。多くのメディアに取り上げられたことで、当初の見込み以上の認知獲得につながっているという。

メインで出演する「錦鯉」の長谷川雅紀さん(左)と渡辺隆さん(右)。長谷川さんは、発売50周年を迎えた「ギョーザ」と同い年の50歳。

「ギョー育TV」のメイキングカット。動画には、小さな餃子を頭に乗せて登場。

Idea&Techniquesの記事一覧

Idea&Techniquesの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する