販売促進の専門メディア

Idea&Techniques

犬猫の飼育や命をテーマにオンラインイベント、エンゲージメント向上

シロップ

キャンペーンビジュアル。

ペット関連事業を展開するシロップは、動物愛護週間の9月20〜26日に、同社の行動指針でもある「#命を愛そう」をテーマとしたオンラインイベントを事業横断で開催した。

期間中は、保護犬や保護猫のマッチングサイト「OMUSUBI」が、専門家を招いて保護犬や保護猫に関連するコンテンツを毎日Instagramでライブ配信。平均閲覧者数は2000人程度と、通常の突発ライブ配信に比べて3〜4倍にのぼり、平均いいね数は過去の投稿動画の約10倍に。

配信中には多くの質問やコメントもあり、「運営側の温度感が伝わり、親近感を持っていただける機会づくりの重要性を実感した」と、執行役員兼OMUSUBI事業責任者の井島七海氏は振り返る。毎日配信するうちに固定のファンもでき、補足的に紹介したチャリティグッズの購入やOMUSUBIが発信する情報のシェアに協力する人の増加につながるなど、エンゲージメントも向上した。

また、ペットライフメディア「ペトこと」は終生飼育をテーマに、ペットを飼育する人がキャンペーン参加用のテンプレートを利用し、SNSでペットを生涯幸せにする思いを宣言する取り組みを実施。キャンペーンの告知は前日となったが、告知動画には同社のCAT(Chief Adoption TOKUI)を務めるタレントの徳井義実さんも参加し、再生回数は約2万回に。結果的に162件のフィード投稿、80件以上のストーリーズシェアがあり、「多くの共感が集まる結果になった」と、井島氏は手ごたえを語った。

ペットを生涯幸せにする思いを宣言するためのテンプレート。

告知動画では、ペトことのスタッフや徳井さんが、愛犬や愛猫に対して生涯幸せにする思いを宣言した。

Instagramでのライブ配信の様子。殺処分問題など重いテーマもあったが、ポジティブさも意識して発信することで、より多くの人に興味を持ってもらえるよう努めた。

Idea&Technicsの記事一覧

Idea&Technicsの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する