IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

CREATIVE NEWS

横尾忠則「幻花幻想幻画譚 1974-1975」他、注目の展覧会

30代の横尾忠則が描き上げた371枚の挿絵

横尾忠則 幻花幻想幻画譚 1974-1975

1974~75年にかけて、東京新聞に連載された瀬戸内晴美(現・瀬戸内寂聴)による時代小説『幻花』。この小説のための挿絵を描いていたのが、横尾忠則だ。自由奔放な発想をもって、実験的手法を繰り出しながら生み出された超絶技巧の挿絵である。

2015年12月、兵庫の横尾忠則現代美術館にて、挿絵の全原画が一般公開されるまで、その存在を知るものはほとんどいなかった。そして今回、その挿絵原画全371点を見ることができる「横尾忠則 幻花幻想幻画譚 1974-1975」が、9月5日よりギンザ・グラフィックギャラリーで開催される。

横尾自らが命名した作品集『幻花幻想幻画譚』に収められている作品は、すべて約8cm×14cmの小さな絵。唐突に登場する物語に関係のないモチーフ、作家瀬戸内自身の肖像、時には原稿ができあがる前に作り置きしてしまった絵など、そこには横尾イラストレーション・ドローイングの真骨頂、横尾グラフィック・ワークの最高傑作が凝縮されている。制作開始時、横尾は39歳。70年代半ばの、時代の空気やエネルギーを受けながらつくられた作品のパワーを堪能したい …

あと56%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

CREATIVE NEWS の記事一覧

アルヴァ・アアルト、インゲヤード・ローマンほか、デザインを堪能できる展覧会
20年目を迎えた「good design company1998-2018」ほか、注目の展覧会
横尾忠則「幻花幻想幻画譚 1974-1975」他、注目の展覧会(この記事です)
多角的な評価軸を持つフェスティバルへの変革
フィンランド陶芸、バウハウスへの応答ほか、注目の展覧会
アンサンブルズ東京2018、ヒロシマ・アピールズ他、注目のイベント
「ことばをながめる、ことばとあるく─詩と歌のある風景」他、注目の展覧会
ニッポンおみやげ博物誌 、エドワード・ゴーリーの優雅な秘密他、注目の展覧会
信藤三雄展、デザインあ展他、注目の展覧会
ADC賞発表。グランプリは大貫卓也作品集
「waterscape 水の中の風景」、フィリップ・ワイズベッカー展他、注目の展覧会
ONESHOW、D&AD他、今年のアワード受賞作品
鈴木親、ライアン・マッギンレー他、注目の展覧会
ブルーノ・ムナーリ展、江口カン「ガチ星」他、注目のイベント

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る