IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

CREATIVE NEWS

「ことばをながめる、ことばとあるく─詩と歌のある風景」他、注目の展覧会

"ことば"と過ごす平成最後の夏

「ことばをながめる、ことばとあるく──詩と歌のある風景」/TCC広告賞展 2018

今年の夏、言葉に関する展覧会が、群馬県 太田市美術館・図書館と東京 アドミュージアム東京で開催される。

8月7日から太田市美術館・図書館で始まるのが、「本」と「美術」の架橋を目指す展覧会「ことばをながめる、ことばとあるく──詩と歌のある風景」。本館での「本と美術の展覧会」の第2弾となる企画で、今回のテーマは詩と歌(短歌)。

画家が絵具を素材とするように、言葉を用いて表現・思考の新たな地平を切り開く詩人・歌人たちの作品が、グラフィックデザイナー・画家・イラストレーターたちによって、それぞれの表現で展開される。出品作家は、最果タヒ、佐々木俊、祖父江慎、服部一成、管啓次郎、佐々木愛、大槻三好・松枝、惣田紗希。空間構成を豊嶋秀樹が、ビジュアルデザインを本館のロゴマーク・サイン計画を手がけた平野篤史が担当した。

視覚表現という、本とは別の居場所を得た詩や歌。本展では、それらの新たな鑑賞体験が、私たちにもたらされるだろう。

アドミュージアム東京では、2018年度TCC賞受賞作品を一堂に俯瞰できる「TCC広告賞展 2018」が開催中だ。

2018年のTCC広告賞展のコンセプトは「find」。「審査とは発見であるべきだと考えます。あまり知られていないコピーを見つけるのはもちろん、既に人気のコピーに太鼓判を押す行為も、ひとつの発見だと思うのです。本展覧会では、プロのコピーライターによって発見されたコピーたちをご覧いただきます」と、『コピー年鑑2018』編集委員長 磯島拓矢さん(電通)。会期中は、新人賞受賞コピーライターが会場に登場する恒例のイベント他、受賞者によるトークライブも開催される。

平野篤史による展覧会ビジュアル B1ポスター

祖父江慎《部屋本 坊っちゃん》 (C)SHIN SOBUE/Dogo Onsenart2018 参考作品。

佐々木愛《詩のための絵「Walking」より》2011年

服部一成《CAKE》2007年 参考作品。

惣田紗希《SEASONS-SUMMER》2016年 参考作品。

佐々木俊《窮而変々而通》2017年、撮影:小林志翔
参考作品。

本年度のTCC広告賞展2018ビジュアル(AD:窪田新)

本と美術の展覧会vol.2 「ことばをながめる、ことばとあるく──詩と歌のある風景」

8月7日~10月21日 太田市美術館・図書館 展示室1、2、3、スロープ
10時~18時(入場は30分前まで)
休館:月曜(ただし9月17日、24日、10月8日は開館、翌日火曜日休館)
観覧料:一般500円、65歳以上・高校生以下無料
◆お問い合わせ→ 0276-55-3036 太田市美術館・図書館

TCC広告賞展 2018

開催中、8月22日まで。アドミュージアム東京 企画展示室
火~土曜11時~18時
休館:日曜、月曜(ほか不定休あり)
入場料無料
◆お問い合わせ→ 03-6218-2500 アドミュージアム東京

トークイベント

8月4日(土)14時~15時30分 権八成裕(シンガタ)他
8月4日(土)16時~17時30分 パネラー:伊藤健一郎(電通)×古田大輔(Buzzfeed Japan創刊編集長) ファシリテーター:並河進(TCCことばみらい会議プロジェクト/電通デジタル)
トークライブの詳細や参加申込みはアドミュージアム東京ホームページを参照のこと。

メディアアートの100年後を考える

エキソニモ+YCAM共同企画展 メディアアートの輪廻転生

アートユニット エキソニモを共同キュレーターに迎えた展覧会「メディアアートの輪廻転生」が、10月28日まで山口情報芸術センター[YCAM]で開催中だ …

あと58%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

CREATIVE NEWS の記事一覧

フィンランド陶芸、バウハウスへの応答ほか、注目の展覧会
アンサンブルズ東京2018、ヒロシマ・アピールズ他、注目のイベント
「ことばをながめる、ことばとあるく─詩と歌のある風景」他、注目の展覧会(この記事です)
ニッポンおみやげ博物誌 、エドワード・ゴーリーの優雅な秘密他、注目の展覧会
信藤三雄展、デザインあ展他、注目の展覧会
ADC賞発表。グランプリは大貫卓也作品集
「waterscape 水の中の風景」、フィリップ・ワイズベッカー展他、注目の展覧会
ONESHOW、D&AD他、今年のアワード受賞作品
鈴木親、ライアン・マッギンレー他、注目の展覧会
ブルーノ・ムナーリ展、江口カン「ガチ星」他、注目のイベント
ニューヨークの『光の劇場』から生まれた写真家・上田義彦の最新作
蓮沼執太展、GRAPH展 京都ほか注目の展覧会
39年にわたって制作された新聞広告100点を展示

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る