IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

CREATIVE NEWS

20年目を迎えた「good design company1998-2018」ほか、注目の展覧会

20年目を迎えたgdcがメッセージすること

good design company 1998-2018

「デザインで世の中を良くすること」を目指し、ビジネス社会におけるデザインの重要性を唱えてきた水野学率いるgood design company(gdc)が、設立20周年を迎えた。その活動の軌跡を一望し、そのデザインプロセスを紹介する展覧会が始まる。本展でgdcは、デザインを志す人、携わる人だけでなく、依頼する人、使う人、すべての人に、デザインの可能性をメッセージする。

good design company これまでの仕事より

good design company 1998-2018

9月12日~10月18日 クリエイションギャラリー G8
11時~19時
休館:日曜・祝日
入場無料
◆問い合わせ→ 03-6835-2260 クリエイションギャラリー G8

現実の切れ目から不意に現れる幻想的な世界

Yesterdays 黒と白の狂詩曲(ラプソディ)

さまざまなジャンルを横断的に撮影してきた写真家 立木義浩の最新作「Yesterdays 黒と白の狂詩曲(ラプソディ)」が、9月1日からシャネル・ネクサス・ホールで始まる。

立木が写真作家として注目されたのは、1965年に雑誌『カメラ毎日』誌上で56ページにわたって掲載された「舌出し天使」。1人の女性を主人公に自在なカメラワークで都市のファンタジーを表現したこの作品は、同時代の写真家たちに大きな影響を与えた。現実の切れ目から不意に現れる幻想的な世界が映し出されるモノクロ写真の表現は、立木ならではのもの。本展では、日常のなかでふと眼にした光景にレンズを向けるスナップショットを軸に、4人の女性とのフォトセッションを交え、構成されている。

(C)YOSHIHIRO TATSUKI

Yesterdays 黒と白の狂詩曲(ラプソディ) 立木義浩写真展

9月1日~29日 シャネル・ネクサス・ホール
12時~19時30分(9月14日は17時まで)
会期中無休
入場料無料
◆問い合わせ→ 03-3779-4001 シャネル・ネクサス・ホール事務局

言葉を持つ前に信じていたもの

山元彩香「We are Made of Grass, Soil, and Trees」

山元彩香個展「We are Made of Grass, Soil, and Trees」が、タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルムで9月29日まで開催。2014年~2017年に東欧各地で撮影された作品から14点を展示している …

あと56%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

CREATIVE NEWS の記事一覧

アルヴァ・アアルト、インゲヤード・ローマンほか、デザインを堪能できる展覧会
20年目を迎えた「good design company1998-2018」ほか、注目の展覧会(この記事です)
横尾忠則「幻花幻想幻画譚 1974-1975」他、注目の展覧会
多角的な評価軸を持つフェスティバルへの変革
フィンランド陶芸、バウハウスへの応答ほか、注目の展覧会
アンサンブルズ東京2018、ヒロシマ・アピールズ他、注目のイベント
「ことばをながめる、ことばとあるく─詩と歌のある風景」他、注目の展覧会
ニッポンおみやげ博物誌 、エドワード・ゴーリーの優雅な秘密他、注目の展覧会
信藤三雄展、デザインあ展他、注目の展覧会
ADC賞発表。グランプリは大貫卓也作品集
「waterscape 水の中の風景」、フィリップ・ワイズベッカー展他、注目の展覧会
ONESHOW、D&AD他、今年のアワード受賞作品
鈴木親、ライアン・マッギンレー他、注目の展覧会
ブルーノ・ムナーリ展、江口カン「ガチ星」他、注目のイベント

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る