IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

CREATIVE NEWS

ブルーノ・ムナーリ展、江口カン「ガチ星」他、注目のイベント

稀代の表現者・ムナーリのあらゆる活動を体験する

ブルーノ・ムナーリ こどもの心をもちつづけるということ

芸術からデザイン、児童教育に至るまで独創的な活動を繰り広げたブルーノ・ムナーリの日本最大の回顧展が、6月10日まで神奈川県立近代美術館 葉山で開催中だ。

ムナーリは、1930年代にイタリア未来派の一員として作品を発表する一方、広告や雑誌のデザインを手がける。第二次世界大戦後は20世紀前半の抽象画から続く現代美術の先端と密接に関わり、同世代の芸術家とも広く交流を持った。加えて画期的な素材としかけを用いた絵本の制作、照明や家具といったインダストリアル・デザインの仕事も数多くこなす。

晩年は独創的な子ども向けのワークショップを考案し、遊具も発表している。本展は、1985年にこどもの城における回顧展の際に実演されたワークショップを「ムナーリを読み解く鍵」として、その全生涯にわたる作品約320点を紹介。約150点が日本初公開となる。

《無題》1930年、カーサペルラルテ=パオロ・ミノーリ財団 (C)Bruno Munari. All rights reserved to Maurizio Corraini srl. Courtesy by Alberto Munari

《読めない本》試作 1955年、パルマ大学CSAC
(C)Bruno Munari. All rights reserved to Maurizio Corraini srl. Courtesy by Alberto Munari

《チューブ型照明器具:フォークランド》1964年/1999年、特定非営利活動法人市民の芸術活動推進委員会
(C)Bruno Munari. All rights reserved to Maurizio Corraini srl. Courtesy by Alberto Munari

ブルーノ・ムナーリ こどもの心をもちつづけるということ

開催中、6月10日まで。神奈川県立近代美術館 葉山
9時30分~17時(入館は30分前まで)
休館:月曜
観覧料:一般1200円、20歳未満・学生1050円、65歳以上600円、高校生100円、中学生以下無料
◆お問い合わせ→046-875-2800 神奈川県立近代美術館 葉山

36回目を迎えたJAGDA新人賞

JAGDA新人賞展2018 金井あき・花原正基・福澤卓馬

今後の活躍が期待される有望なグラフィックデザイナー(39歳以下)に贈られるJAGDA新人賞 …

あと58%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

CREATIVE NEWS の記事一覧

鈴木親、ライアン・マッギンレー他、注目の展覧会
ブルーノ・ムナーリ展、江口カン「ガチ星」他、注目のイベント(この記事です)
ニューヨークの『光の劇場』から生まれた写真家・上田義彦の最新作
蓮沼執太展、GRAPH展 京都ほか注目の展覧会
39年にわたって制作された新聞広告100点を展示
TDC2018展ほか、今月注目の展覧会
日本初開催「別れの博物館」、吉永マサユキ写真展他、注目の展覧会
FCC賞最高賞は、スペースワールド閉園広告と「おから茶ダンス」
サヴィニャック ポスター展他、注目の展覧会
鈴木理策、グラフィズム断章ほか、注目の展覧会
瀧本幹也展「CROSSOVER」ほか、注目の展覧会
JAGDA賞発表。20回目の亀倉雄策賞は、中村至男氏に決定。
JAGDA新人賞2018は、金井あき、花原正基、福澤卓馬に決定

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る