IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

CREATIVE NEWS

アルヴァ・アアルト、インゲヤード・ローマンほか、デザインを堪能できる展覧会

デザインの背景にあるもの

アルヴァ・アアルト──もうひとつの自然

建築家アルヴァ・アアルトの世界とデザイン感覚を紹介する展覧会が、9月15日から神奈川県立近代美術館 葉山で開催される。本展は、ドイツのヴィトラ・デザイン・ミュージアムとフィンランドのアルヴァ・アアルト美術館による国際巡回展。約300点の作品、ヴィンテージ・プロダクト、資料などを紹介する。

アアルトが生み出す有機的な形態は、フィンランドの自然や風景から生まれたというのが従来の見方。本展ではそれに加えて、同時代の芸術家たちとの対話も重要であったという新しい視点を提示する。

アルヴァ・アアルト《ルイ・カレ邸》リビング・ルーム1956-1959年 バゾシュ=シュル=ギヨンヌ(フランス) Living Room,Maison Louis Carré,Bazoches-sur-Guyonne,France,Alvar Aalto,1956-1959
(C)Alvar Aalto Museum photo:Heikki Havas

アルヴァ・アアルト《サヴォイ・ベース》1936年 Savoy Vase, Alvar Aalto, 1936
(C)Vitra Design Museum,Alexander von Vegesack

アルヴァ・アアルト《スツール60》1933年 Stool 60,Alvar Aalto,1933 (C)Vitra Design Museum
photo:Jürgen Hans

アルヴァ・アアルト──もうひとつの自然

9月15日~11月25日 神奈川県立近代美術館 葉山
9時30分~17時まで(入館は16時30分まで)
休館:月曜(9月17日、9月24日、10月8日は開館)
観覧料:一般1200円、20歳未満・学生1050円、65歳以上600円、高校生100円
◆問い合わせ→ 046-875-2800 神奈川県立近代美術館 葉山

"形を与える者"が魅せる形

インゲヤード・ローマン展

スウェーデンを代表するデザイナーで陶芸家としても知られるインゲヤード・ローマンの展覧会が、9月14日から東京国立近代美術館工芸館で始まる。

本展では最新作ほか、イケアのためのデザイン、建築家との協働プロジェクト、そして作家自身が選んだ食器やインテリア用品などの代表作約180点を通して、自らを"form-giver"(形を与える者)と呼ぶ彼女の物づくりの魅力に迫る。また、スウェーデンの建築ユニット「CKR」が展示デザインを担当、この空間ならではの展示を楽しむことができる …

あと59%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

CREATIVE NEWS の記事一覧

アルヴァ・アアルト、インゲヤード・ローマンほか、デザインを堪能できる展覧会(この記事です)
20年目を迎えた「good design company1998-2018」ほか、注目の展覧会
横尾忠則「幻花幻想幻画譚 1974-1975」他、注目の展覧会
多角的な評価軸を持つフェスティバルへの変革
フィンランド陶芸、バウハウスへの応答ほか、注目の展覧会
アンサンブルズ東京2018、ヒロシマ・アピールズ他、注目のイベント
「ことばをながめる、ことばとあるく─詩と歌のある風景」他、注目の展覧会
ニッポンおみやげ博物誌 、エドワード・ゴーリーの優雅な秘密他、注目の展覧会
信藤三雄展、デザインあ展他、注目の展覧会
ADC賞発表。グランプリは大貫卓也作品集
「waterscape 水の中の風景」、フィリップ・ワイズベッカー展他、注目の展覧会
ONESHOW、D&AD他、今年のアワード受賞作品
鈴木親、ライアン・マッギンレー他、注目の展覧会
ブルーノ・ムナーリ展、江口カン「ガチ星」他、注目のイベント

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る