広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

国際園芸博は北京から横浜へ まだまだ続く日本のイベント黄金期

一般社団法人 日本イベント産業振興協会 事務局次長 菊地浩之

AIPH館のテーマ展示。

2022年冬季五輪の地で開催「北京国際園芸博覧会」

2019年4月29日から10月7日の162日間、「北京国際園芸博覧会」が中国・北京で開かれた。同園芸博は110の国と国際機関が参加する大規模なイベントで、会場は北京市中心部から北西に約80kmに位置する延慶区。2022年北京冬季五輪・パラリンピックの会場でもある同区は、ウィンタースポーツとコンベンションの拠点としていままさに開発が進む地域である。

ちなみに、「EXPO=国際博覧会」を名乗るには、国際園芸家協会(AIPH)から「大規模国際園芸博覧会」として認定された後、博覧会国際事務局(BIE)からも承認を得る必要があるという。

「緑色生活美麗家園(日本語訳:緑の生活、美しいふるさと)」のテーマを掲げた同園芸博は、会場総面積約960ヘクタール(展示面積約503ヘクタール)と、過去の国際園芸博覧会に比べ桁違いの広さを誇る。5カ所ある一般来場者ゲートは、事前に登録するパスポートと顔認証システムでセキュリティ管理される。

会場は「世界園芸展示区」「園芸生活体験区」「教育と将来の展示区」などテーマ別に分けられ、花、野菜、果物、茶などの畑や園芸機械の展示など園芸博らしいエリアの合間にエキスポ色の強いパビリオンが点在していた …

あと57%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

成田との直行便が新設 豪州西海岸の都市・パースの戦略的重要性
国際園芸博は北京から横浜へ まだまだ続く日本のイベント黄金期(この記事です)
政府主導の需要の落ち込み対策がプロモーション業界に問うものとは?
駅構内をピンク色に空間ジャック! ナイキの「誘目性」高いOOH展開
「食」を通じた社会貢献 地域事情に精通する販売所の新事業
民放連 今年度のテレビ営業収入見通しを下方修正
10月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(2)
10月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(1)
BS放送新規参入企業3社の新たなビジネス戦略を考える
もうひとつのラグビー世界大会 「車いすラグビーワールドチャレンジ」
「JPMプランニング・ソリューション・アワード」 今年は幸楽苑が大賞
「瞬間」を捉えた企画が評価 交通広告グランプリ、受賞作品が発表に
デジタル活用、交流拠点の設置など新聞各社が模索する「新時代メディア」のあり方
総務省 FMへの転換を容認 TFMは不正会計による損失隠しが発覚
9月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(2)
9月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(1)
最新アバターとパントマイムが生み出す 新感覚エンタメ
訪日外客数、来年目標4000万人「MICE」誘致で大きく後押し

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する