広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

総務省 FMへの転換を容認 TFMは不正会計による損失隠しが発覚

経営難からFMへの転換進む 一方、NHKはAM継続の意向

日本民間放送連盟(以下、民放連)が3月、総務省の「放送事業の基盤強化に関する検討分科会」で、AMラジオ放送局のAM放送からFMへの転換、もしくはAMとFMの併用を選べるよう制度改正を求めていた問題で、同省は8月30日、AM放送の廃止とFM放送への転換を容認する意見を取りまとめた。2023年の再免許時をめどに実証実験を行い、一部地域で先行的にAM放送を長期間、停波できるように制度措置を行う方針だ。

文科会の主な検討課題は①カバーエリア、②対応受信機、③周知広報、④周波数の効果的な利用―だった。あわせて、放送対象地域に関する現行制度との整合性や、現在AMのみで実施している政見放送の扱い方なども議題にあがった。

同席した民放連側からは、今後、2023年の実証実験に向け、総務省と民放連が連携して検討し、来年秋までに具体案を公表することと、実証実験でのAM停波は、災害発生時にただちに放送が再開できる状態に保持されるよう要望がなされた。また、次々回の再免許交付期間である2028年までに制度改正が完了することも求められた。

出席した入江清彦・TBSラジオ会長は「(ラジオ局の)経営選択の幅を広げる方向性が示されたことはラジオの将来にとって大きな助けになる」と述べ、地域社会やリスナー、広告主などの理解を得て取り組むとした。

分科会は、来年3月までに最終意見を取りまとめ、パブリックコメント(意見公募)を行う予定だという …

あと63%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

BS放送新規参入企業3社の新たなビジネス戦略を考える
もうひとつのラグビー世界大会 「車いすラグビーワールドチャレンジ」
「JPMプランニング・ソリューション・アワード」 今年は幸楽苑が大賞
「瞬間」を捉えた企画が評価 交通広告グランプリ、受賞作品が発表に
デジタル活用、交流拠点の設置など新聞各社が模索する「新時代メディア」のあり方
総務省 FMへの転換を容認 TFMは不正会計による損失隠しが発覚(この記事です)
9月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(2)
9月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(1)
最新アバターとパントマイムが生み出す 新感覚エンタメ
訪日外客数、来年目標4000万人「MICE」誘致で大きく後押し
プロモーションの基本を習得 プロモーショナル・マーケター認証制度
新宿駅が映画『天気の子』の聖地に 駅広告の可能性を広げた特別装飾
経営の多角化目指す 新聞各社の新たな取り組み
東京オリパラまで残り1年 開催向け、放送各局の準備本格化
8月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(2)
8月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(1)
奨学・奨励金やインターネット応募など 配達員の応募増に新聞社が注力
「情報銀行」認定の第1弾 認定証が授与される、他 7月の広告界注目ニュース

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する