広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

「食」を通じた社会貢献 地域事情に精通する販売所の新事業

宮浦 慎

販売所で余った食品を回収・提供 出前事業で収入源の拡大狙う

新聞販売所が料理の配達を代行したり、余った保存食品を回収、活用したりするなど「食」にまつわる新事業に取り組む例が増えている。狙いは収入源の拡大や地域貢献の強化だ。どの事例も「地域の実情に詳しい」という販売所の強みを生かしているのが特徴だ。

静岡新聞などを扱う販売所のコデラ(浜松市)は2019年5月から、未開封のレトルト食品や缶詰めなどを回収し、一人親の家庭や子どもの数が多い世帯に提供する「フードシェア」に取り組んでいる。NPO法人のサステナブルネットが事業を主催。コデラは「地域の子どもはその地域の人が支える」という同法人の理念に共感し、協力を申し出たという。

コデラは2カ月に1回、食品提供を呼び掛ける折り込みチラシを1万世帯に配り、夕刊を配達する合間に食品を引き取る。

またコデラは、食品を提供してくれた人へお礼状を届けることを検討中だという。回収時とお礼状を渡す際に地域の家庭を訪問することで、よりよい地域との関係構築や、営業チャンスを増やす機会としたい考えだ。

朝日新聞社は2016年12月、料理の出前仲介サイト「出前館」の運営元である夢の街創造委員会(大阪市)と業務提携契約を結んだ。出前館加盟店の料理の配達を朝日新聞の販売所が代行する。新たな収入源を開拓することで、販売網維持につなげるという …

あと64%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

成田との直行便が新設 豪州西海岸の都市・パースの戦略的重要性
国際園芸博は北京から横浜へ まだまだ続く日本のイベント黄金期
政府主導の需要の落ち込み対策がプロモーション業界に問うものとは?
駅構内をピンク色に空間ジャック! ナイキの「誘目性」高いOOH展開
「食」を通じた社会貢献 地域事情に精通する販売所の新事業(この記事です)
民放連 今年度のテレビ営業収入見通しを下方修正
10月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(2)
10月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(1)
BS放送新規参入企業3社の新たなビジネス戦略を考える
もうひとつのラグビー世界大会 「車いすラグビーワールドチャレンジ」
「JPMプランニング・ソリューション・アワード」 今年は幸楽苑が大賞
「瞬間」を捉えた企画が評価 交通広告グランプリ、受賞作品が発表に
デジタル活用、交流拠点の設置など新聞各社が模索する「新時代メディア」のあり方
総務省 FMへの転換を容認 TFMは不正会計による損失隠しが発覚
9月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(2)
9月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(1)
最新アバターとパントマイムが生み出す 新感覚エンタメ
訪日外客数、来年目標4000万人「MICE」誘致で大きく後押し

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する