広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

デジタル活用、交流拠点の設置など新聞各社が模索する「新時代メディア」のあり方

AR対応アプリを開発 新聞に接する機会創出を狙う

新聞各社は、情報環境が目まぐるしく変化するなか、デジタル対応をはじめ、これからの時代にメディアとして果たすべき役割・手段を模索している。地域に根ざし、地元読者に必要な情報を発信してきた地方各紙もデジタル活用、紙面改革、交流拠点の設置などに取り組んでいる。これからも地域から必要とされ続けるために、また地域の担い手の一員として、地方紙が挑戦する事業の一部を紹介する。

岡山の山陽新聞社は、創刊140周年記念事業の一環として、7月17日より、位置情報と拡張現実(AR)技術を使ったスマートフォン向けゲームアプリ「桃太郎外伝 鬼詣(おにもうで)岡山見聞録」を配信している。ゲームは鬼を退治し、きびだんごを入手すれば、だんごの数に応じて、白桃やマスカットなどの県産品に交換してもらえるというもの。設定はいたってシンプルだが、県全27市町村それぞれに現地でしか出会えない鬼を用意することで、観光客の訪問を促し、西日本豪雨からの復興を後押ししたい考えだ。

紙面に掲載したQRコードを読み込めば、きびだんごが手に入る仕掛けも用意。QRコードを探しながら紙面をめくってもらうことで、新聞に接する機会創出も狙う。

配信システムを自社開発 デジタルの開発・導入が進む

群馬の上毛新聞社は6月から、企業向けのデジタルサイネージ利用料を従来比5分の1程度の月額4300円(税別)に引き下げた。配信システムを自社開発し、メーカーに支払っていた利用料相当額を減額。企業や自治体に利用を促すという …

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

BS放送新規参入企業3社の新たなビジネス戦略を考える
もうひとつのラグビー世界大会 「車いすラグビーワールドチャレンジ」
「JPMプランニング・ソリューション・アワード」 今年は幸楽苑が大賞
「瞬間」を捉えた企画が評価 交通広告グランプリ、受賞作品が発表に
デジタル活用、交流拠点の設置など新聞各社が模索する「新時代メディア」のあり方(この記事です)
総務省 FMへの転換を容認 TFMは不正会計による損失隠しが発覚
9月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(2)
9月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(1)
最新アバターとパントマイムが生み出す 新感覚エンタメ
訪日外客数、来年目標4000万人「MICE」誘致で大きく後押し
プロモーションの基本を習得 プロモーショナル・マーケター認証制度
新宿駅が映画『天気の子』の聖地に 駅広告の可能性を広げた特別装飾
経営の多角化目指す 新聞各社の新たな取り組み
東京オリパラまで残り1年 開催向け、放送各局の準備本格化
8月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(2)
8月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト(1)
奨学・奨励金やインターネット応募など 配達員の応募増に新聞社が注力
「情報銀行」認定の第1弾 認定証が授与される、他 7月の広告界注目ニュース

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する