広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

ACCグランプリに、「さけるグミ」など10作品が決定 他

ACCグランプリに、「さけるグミ」など10作品が決定

全日本シーエム放送連盟(略称:ACC)は、「2018 58th ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS」の各部門の総務大臣賞/ACCグランプリ、および各賞を発表した(マーケティング・エフェクティブネス部門は9月4日に、クリエイティブイノベーション部門は9月14日に発表)。本年度は菅野 薫審査員長のもと、従来のインタラクティブ部門をリニューアルした。「ブランデッド・コミュニケーション部門」という新たな名称、新たな4カテゴリーを設けて審査を実施した初めての年となる。

また、若いCMプランナーを表彰する「フィルム部門小田桐昭賞」には、今西数英教室企業広告を制作した大石タケシ氏が受賞。

ラジオ部門で29歳以下のプランナーが制作した作品を表彰する「ラジオCM部門 アンダー29」では、原 学人、大庭万季、加藤千尋、吉田洋晃、原 央海、高木浩平、早坂尚樹、茂庭竜太の八氏が受賞した。

各部門の総務大臣賞/ACCグランプリは下記の通り。

【フィルム部門 Aカテゴリー(テレビCM)】

UHA味覚糖:さけるグミ/さけるグミ「デート」篇、さけるグミ「動物園」篇、さけるグミ「バイク便」篇、さけるグミ「玄関」篇、さけるグミ「嫉妬」篇、さけるグミ「秘密」篇、さけるグミ「嘘」篇、さけるグミ「プロポーズ」篇、さけるグミ「タクシー」篇、さけるグミ「ロングロングリムジン」篇、さけるグミ「さける2人」篇 全て30秒(博報堂/東北新社) …

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

「POPクリエイティブ・アワード」子ども向け自転車のPOPに経産大臣賞 他
第61回「日本雑誌広告賞」経産大臣賞にバレンシアガジャパン他
ACCグランプリに、「さけるグミ」など10作品が決定 他(この記事です)
「ミャンマー住みます芸人」派遣 新興国に日本のコンテンツが進出
スペシャルオリンピックスの展望 愛知大会から世界大会アブダビへ
進む広告界の「デジタルシフト」と変わらない「購買の実態」
銀座線のレトロ車両を利用 媒体の特性を生かしたOOHメディア展開
地元を離れた学生を呼び戻す 地方新聞社が力を入れる地域経済の活性化
「国民投票テレビ運動CM」 民放連は規制しない方針
「リアル店舗ならではの楽しさ」の演出がプロモーションの課題に
第38回新聞広告賞の大賞にパナソニックが決定 他
生活における映像の用途を広げる 8Kと5Gが拓く可能性
オフラインの行動ログも把握可能にOOHメディアにビーコンの活用が進む
1970年の熱狂と感動を振り返り 2025年の万国博への期待を膨らませる
高校野球のコンテンツを電子化 新聞社の新たな収益源に
放送開始65周年を記念し、NHKと日テレがコラボ
スマートフォンが変える消費者の視聴行動 動画メディア市場の今後は
関西の活力がカギを握る 国内イベント産業の盛り上げに期待
プロモーションの提案力・業務生産性改善には「基本」の習得が不可欠

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する