広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

銀座線のレトロ車両を利用 媒体の特性を生かしたOOHメディア展開

吉田勝広(オリコム)

「伝統×先端の融合」内容と媒体が一致したキャンペーン

2018年9月10日から3週間、JR東海は奈良の観光キャンペーンで東京メトロ銀座線の広告貸切電車を利用した。広告貸切電車は、1編成ほぼ全ての電車内の媒体を1社独占で使える広告商品である。

この秋は、ならまち・元興寺(がんごうじ)の観光客誘致を目的とし、世界遺産に登録され今年創建1300年の元興寺と、その旧境内地でお洒落なお店が集まる注目のエリア「ならまち」の魅力を紹介するものだった(写真1)。

写真1 銀座線のレトロ風な広告貸切車両に掲出されたJR東海の奈良の観光ポスター。

例えば、元興寺の瓦は1400年前につくられたものが今も使われていることなど、遠い奈良時代の息吹に触れ、歴史ロマンを感じさせる。一方、「たのしく たしなむ。大人ならまち」としたポスターには、昔ながらのたい焼き屋、築約100年の古民家を改装したレストラン、抹茶とお菓子が味わえて自分でお茶を点てる体験もできるお店など、今話題のスポットが紹介されていた。多くのポスターには和服姿のモデルの女性が写り、インスタ映えする写真の見本のようになっていて効果的な使い方だと言えるだろう …

あと64%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

「POPクリエイティブ・アワード」子ども向け自転車のPOPに経産大臣賞 他
第61回「日本雑誌広告賞」経産大臣賞にバレンシアガジャパン他
ACCグランプリに、「さけるグミ」など10作品が決定 他
「ミャンマー住みます芸人」派遣 新興国に日本のコンテンツが進出
スペシャルオリンピックスの展望 愛知大会から世界大会アブダビへ
進む広告界の「デジタルシフト」と変わらない「購買の実態」
銀座線のレトロ車両を利用 媒体の特性を生かしたOOHメディア展開(この記事です)
地元を離れた学生を呼び戻す 地方新聞社が力を入れる地域経済の活性化
「国民投票テレビ運動CM」 民放連は規制しない方針
「リアル店舗ならではの楽しさ」の演出がプロモーションの課題に
第38回新聞広告賞の大賞にパナソニックが決定 他
生活における映像の用途を広げる 8Kと5Gが拓く可能性
オフラインの行動ログも把握可能にOOHメディアにビーコンの活用が進む
1970年の熱狂と感動を振り返り 2025年の万国博への期待を膨らませる
高校野球のコンテンツを電子化 新聞社の新たな収益源に
放送開始65周年を記念し、NHKと日テレがコラボ
スマートフォンが変える消費者の視聴行動 動画メディア市場の今後は
関西の活力がカギを握る 国内イベント産業の盛り上げに期待
プロモーションの提案力・業務生産性改善には「基本」の習得が不可欠

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する