広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

高校野球のコンテンツを電子化 新聞社の新たな収益源に

宮浦 慎

新旧スポーツに活路 高校野球、eスポーツで新事業

スポーツ事業に活路を見出す新聞社が増えている。地方各紙は、全国高校野球選手権大会が100回の節目を迎えたことを受け、地元の高校野球史を振り返る連載や、過去の紙面を使った企画記事などをデジタル版や縮刷版に再編集した。コンピューターゲームで勝敗を競う「eスポーツ」が注目される中、関連事業に名乗りを上げる新聞社も現れた。

地元球児が電子版で再登板 デジタルコンテンツの手軽さが人気

熊本日日新聞社は7月、熊本県出身のプロ野球選手の高校時代を振り返る記事の有料配信を始めた。第1弾は、ともに西武ライオンズ(当時)で活躍した秋山幸二、伊東勤の両氏が対戦した1980年県大会決勝。記事には当時の記事や写真を添え、本人のインタビューも加えた。デジタルコンテンツの投稿・購入サイト「note(ノート)」で各200円(税込、以下同)で販売している。

同社は昨秋策定した新事業計画で「連載などの電子出版」を重点項目のひとつに挙げていた。費用を抑え、素早く記事を活用できる形を探ったという。100回大会に合わせ、過去の記事や写真の再活用を検討。取材や執筆は総合メディア局が担った。購読層は40~50代の高校野球ファンを想定。メールマガジン読者やFacebookの公式アカウント登録者は50代が多く、デジタル版でも一定数に届くと見込んだ。

新潟日報社は7月、電子スクラップサービス「新潟マトメヨミ」を始めた …

あと64%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

「リアル店舗ならではの楽しさ」の演出がプロモーションの課題に
第38回新聞広告賞の大賞にパナソニックが決定 他
生活における映像の用途を広げる 8Kと5Gが拓く可能性
オフラインの行動ログも把握可能にOOHメディアにビーコンの活用が進む
1970年の熱狂と感動を振り返り 2025年の万国博への期待を膨らませる
高校野球のコンテンツを電子化 新聞社の新たな収益源に(この記事です)
放送開始65周年を記念し、NHKと日テレがコラボ
スマートフォンが変える消費者の視聴行動 動画メディア市場の今後は
関西の活力がカギを握る 国内イベント産業の盛り上げに期待
プロモーションの提案力・業務生産性改善には「基本」の習得が不可欠
電車をミュージアム化! 「広告貸切電車」が周年プロモーションに効果を発揮
ラジオとテレビの両メディアで期待される『放送メディア』としての価値向上の試み
ADKがクリエイティブブティック設立 若手6名が参画 他
ADC賞2018、グランプリが決定 会員賞は「新しい地図」が受賞 他
東南アジア発の動画配信サービスが伸長 5Gを活用したリニア配信が次のトレンドか
イベント産業全体を俯瞰する 『平成29年国内イベント消費規模推計』が発表に
アクティベーション・プランニング電通賞 大分県別府市が受賞

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する