広告マーケティングの専門メディア

Pick Up!(PR)

ここにしかない成長環境でチャンスをつかめ

楽天 楽天マーケティングジャパン事業

今年4月、楽天では同社の持つ様々な広告テクノロジーと40以上のメディアサービスを横断して企画提案を行う新組織「楽天マーケティングジャパン事業」を立ち上げた。いま、この新しい事業で、力を発揮し活躍する新しいメンバーを募集している。

大きな事業資産(赤い円の部分)を、人(事業部メンバー)の力でさらに価値あるものに高めていく。

IDと決済システムをあわせ持った巨大なプラットフォーム

楽天グループでは現在、インターネット・ショッピングモール「楽天市場」をはじめ、旅行総合サイト「楽天トラベル」やクレジットカード「楽天カード」などの多岐にわたるサービスを展開しているほか、レシピ投稿・閲覧サイト「楽天レシピ」、クチコミ就職情報サイト「みんなの就職活動日記」など40以上のメディアサービスを運営する。その会員数は9300万(2014年6月末時点)に上り、日本のインターネットユーザー数の約90%(2014年6月末時点)にも上る数字だという。今年4月に楽天マーケティングジャパン事業を新設したのも、その強みを最大限に活かそうと考えてのことだ。

「ここ数年、ディスプレイの広告枠だけを単純に売る組織からどう脱却するかということが広告営業部の課題でした」と同事業マーケティング部 向谷和男部長は語る。「我々が持つ、9300万の楽天会員IDは、決済の仕組みにも紐づけられています。この特性やメディアを活用し、様々なクライアントに役立てる巨大なマーケティングプラットフォームを構築する。新たに立ち上げた楽天マーケティングジャパン事業の使命はまさにそこにあります」。この唯一無二の場所を使った様々な広告企画や提案に共に挑戦し、さらに事業を成長させていける人材をいままさに求めているという。

活躍の舞台は、40以上のメディアサービス上だけではない。インターネットサービスのイメージが強い楽天だが、リアルな場にもプラットフォームは広がっている。「例えば缶コーヒーのヘビーユーザーに向けたプロモーションで、コンビニで3本買ってくれたら3本目は楽天Edyでキャッシュバックするといった企画も考えられます。楽天の会員IDと楽天Edyを組み合わせれば、小売の場をオンラインのデータベースと紐づいたキャンペーンの場に変えられる可能性があるんです」。

力を存分に発揮し成長できる大きな舞台

楽天のポイントプログラム「楽天スーパーポイント」も同社にとっての強力な武器となっている。「楽天スーパーポイントは、通常のポイントサービスの利用率と比較し、非常に高い利用率を誇ります。楽天市場の中の様々な商品の購入に使えますから、最もお金に近い存在とも捉えています」。この楽天スーパーポイントはコンバージョン獲得の後押しや、流通促進の大きな武器になるという。

最後に、楽天といえば気になるのが「社内公用語」として求められる英語力だ。「2年間あまりの移行期間を経て、2012年7月から社内公用語英語化をスタートしました。この間、社内には英語上達のためのノウハウが蓄積されています。楽天の社内には学習に前向きな環境があり、周りも支援してくれます」と向谷氏。入社時の英語力が高くなくても、社内のサポートを得て最大限英語力が伸ばせる。アイデアと向上心を持つ人が存分に力を発揮し成長できる、大きな活躍の舞台が用意されている。

現場社員の声

    データの量と質を結果につなげる

    針木 俊 氏

    楽天 楽天マーケティングジャパン事業企画推進部 企画プランニンググループ 兼営業部 ソリューション営業グループ マネージャー

    楽天に入社して5年、現在企画プランニングと営業、2つのグループマネージャーを兼任しているのが針木俊氏だ。「前職は小さなベンチャーの広告会社。そこでテレビ、ラジオ、SPなど広告のイロハを学びました」。楽天に入社した理由を、ネットマーケティングにチャレンジしたかったからと語る。

    「楽天の強みの1つは、国内最大級のオーディエンスデータを持っていること。我々が持つデータを、どのように活用すればクライアントのマーケティング活動に貢献できるか。プランニングのキーワードは『カテゴリーマスデータ』です」。楽天には、キッズベビー・ペットオーナー・コスメ・料理などユーザーの属性や関心事を表すカテゴリーが、数百万ユーザー単位で存在する。バナー広告や動画広告を通じこれらのユーザーにアプローチし、効率的なリーチと態度変容を起こすための企画提案を行っている。

    「あるアルコール飲料メーカーで、商品のテレビCMを出稿した上で、ネット上でのリーチ最大化と飲料意向の向上を図りたいというケースがありました。クライアントは、テスト的に楽天を含む複数社のDSPを使い、アルコールに関連するいくつかのセグメントに出稿したのですが、リーチも態度変容でも、楽天の施策が最も効果が高いという結果が出ました。ユーザーのお酒の飲用頻度も最も高く、精度の高さも評価につながりました」。

    今後は広告施策と楽天市場をダイレクトにつなげ、広告で生まれた態度変容をクライアントの売上につなげるところまでチャレンジしてみたいという。


    楽天の資産を最大化したソリューションプランニング

    高岡麻彩 氏

    楽天 楽天マーケティングジャパン事業 営業部パートナー営業第四グループ

    学生時代から楽天が展開するサービスのヘビーユーザーだったという営業部 高岡麻彩氏は今年で入社4年目。「楽天の取引先の中でも1、2位を争う売上規模の代理店を入社1年目から任せてもらい、やりがいと面白さを実感していました」と笑顔で語る。40を超える楽天のサービス基盤をもとに、クライアントの課題を社内で共有し、効率的で効果的な広告ソリューション提案を行っていくのが主な仕事だ。

    「楽天の複数のサービスを組み合わせた企画・提案も多く、プロデューサーとしての社内調整も重要な仕事です。社内外共に“自分のファンをつくること”をモットーに、『高岡さんが言うのならやってみよう』と言っていただける存在になれるように心掛けています」。

    最近、美容家電メーカーの仕事を担当した。クライアントからの課題は、競合に対して自社商品の優位性を訴求し、認知促進を高め、値崩れすることなく、売上につなげたいというもの。それに対し、「楽天市場で注目度ランキング1位を獲得すると得られるエンブレムを販促に使用する提案をしました。エンブレムは、オンライン上だけでなく、家電量販店の店頭でも二次利用が可能です。商品プロモーションのランディングページにはエンブレムと多数の動画を盛り込み、ユーザーアクションが得られるような企画にしました」。

    楽天は、「常に1つ上の仕事を求められる。大変だが、それに向かって成長できる環境は整っている」と高岡氏は話す。能動的に行動するほど、自身の仕事をさらに輝かせられる環境がある。

    お問い合せ

    楽天マーケティングジャパン事業では、次の職種を募集しています。

  • 広告企画営業
  •  
  • 広告プランナー
  •  
  • Web マーケター
  •  
  • クリエイティブスペシャリスト

  • 詳細は求人情報へ。

Pick Up!(PR) の記事一覧

シンプルだから伝わるsimpleshowの解説ビデオ
企業保有データを解析するデータアナリスト集団
オムニチャネル実現の道筋を考える
カジュアルフレグランスの先駆け ブランド立ち上げに関わる醍醐味
ここにしかない成長環境でチャンスをつかめ(この記事です)
映像ニーズに幅広く対応 地元大阪で依頼が急増する制作会社
テレビCMと動画広告の適切な組み合わせを検証
ビジネス成果につなげるコンテンツマーケティングセミナー開催レポート
「分かりやすさ」が広げる企業の動画活用
見せる+見られる 2つのアプローチで動画の効果を最大化
オンラインの知見を結集 動画制作のスペシャリスト集団
狙うはスマホゲームユーザー 「ゲーム×動画」で市場を盛り上げる
互いのブランドを高め合う企業コラボレーション
最新メディアプランニングから考える組織とは
広告効果を最適化させるメディア配分とは

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する