広告マーケティングの専門メディア

Pick Up!(PR)

映像ニーズに幅広く対応 地元大阪で依頼が急増する制作会社

アッシュ

25年にわたり、テレビ番組を中心に映像制作を行ってきたアッシュ。近年では、映像ビギナーの企業からも依頼が増加している。

アッシュに所属するクリエイターたち。

視聴者の気持ちをつかむ「WHY からはじまるものづくり」

アッシュ・グループは映像制作と商空間デザインを軸に、集客のサポートまで行う会社。商空間では立地やターゲットなどを考察し“来店者の気持ち”を、映像制作では“視聴者の気持ち”を常に見続けてきた。企業の一方的な想いを形にするだけではなく、受け手のニュートラルな視点を意識しているという。

「今年に入って、初めて映像を作ってほしいという依頼が特に増えています。例えば、『カッコいい映像を作りたい』という要望があった場合でも、私たちはまず『なぜ映像が必要なのか?』というところからヒアリングを始めます」とプロデューサーの小川貴弘氏は話す。

以前に比べ、企業にとって映像は欠かせないツールになりつつあるが、そこで陥りがちなのは、作ることを目的にしてしまうこと。「施設紹介映像を作りたいというご依頼に、3時間以上ヒアリングを行うこともあります。お客様の目的の達成にはどのアプローチが最適で、視聴者に刺さるのか?を探りだすために、しつこくいろんな角度から聞いていきます。大阪のおばちゃんが得意なことです(笑)」とプロデューサーの塩野恵麻氏は言う。

作り手の顔が見えるチームでリピート率90%を誇る

アッシュのWebサイトにある「お客様の声」を見ると、様々な企業から、良かったことだけでなく悪かったことも含めて、率直な感想が並んでいる。中には「あのヒアリングを経験するとハマリます(笑)」というコメントも。「なんで?なんで?」と聞き出す傾聴力と、お客様と「良い・悪い」をハッキリと言い合えるオープンな関係性があるからこそ、パートナーとして信頼され、最終的にクライアントの課題を解決に導ける。

依頼者は上場企業から中小企業と様々だが、チームは最小の必要なメンバーで構成する。CMはもちろん、イベント用、PR映像、Web動画など、映像にまつわる依頼なら、1本当たり数十万から一千万以上と幅広く対応。顔が見えるチームで、打ち合わせから完成まで柔軟でスピーディーに対応する。こうした姿勢が、リピーターを増やし、企業からの指名につながっている。業種を超えたクリエイターが集まり、今日も地元・大阪を活気づけていく。

アッシュのオフィス。ワンフロアに商空間デザイナーと映像制作クリエイターが同居する。

    お問い合せ

    株式会社アッシュ http://www.a-sh.co.jp/
    〒534-0025 大阪市都島区片町2丁目2番48号 JEI 京橋ビル8F
    TEL:06-6355-7150

Pick Up!(PR) の記事一覧

映像ニーズに幅広く対応 地元大阪で依頼が急増する制作会社(この記事です)
テレビCMと動画広告の適切な組み合わせを検証
ビジネス成果につなげるコンテンツマーケティングセミナー開催レポート
「分かりやすさ」が広げる企業の動画活用
見せる+見られる 2つのアプローチで動画の効果を最大化
オンラインの知見を結集 動画制作のスペシャリスト集団
狙うはスマホゲームユーザー 「ゲーム×動画」で市場を盛り上げる
互いのブランドを高め合う企業コラボレーション
最新メディアプランニングから考える組織とは
広告効果を最適化させるメディア配分とは
オムニチャネル時代のデジタルマーケティングセミナー
「ブランディング」とは「幸せな関係づくり」である
デジタルを活用したマーケティング施策を表彰「コードアワード2014」結果レポート
さらなるユーザー満足を目指し、デジタルマーケティング分析を強化
マーケター3000名が来場 最新のデジタルマーケティングサービス発表セミナー
マーケティングのプロが語る「不動産業界と街づくり」
他キャラクターと一線を画す独自路線のチャリティ活動
ROIを3カ月で500%アップさせたカスタマーエクスペリエンス

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する