広告マーケティングの専門メディア

Pick Up!(PR)

オムニチャネル実現の道筋を考える

ハイブリスジャパン

日本でも注目が高まるオムニチャネルの概念。しかし、その実現に際しては組織や人材の変革など企業側に求められる要素も多い。顧客にとって最良の体験を提供し、いかにしてオムニチャネルコマースを実現すべきか。8月28日からスタートし、全3回にわたって開催予定の「オムニチャネルコマース」をテーマとする企業のマーケティング担当者が参加するラウンドテーブルの様子をレポートする。

img01

今年3月までエイチ・アイ・エスでマーケティングの実務に携わっていた多摩大学大学院の山岡隆志客員教授からは、理論の裏付けに基づきつつも、実践的なマーケティングのレクチャーが行われた。実務家としてカスタマージャーニーマップを作った経験をもとに参加者に対して「消費者行動の変化を理解するためには、マップを作成してみるといいのでは」との現実的なアドバイスもあった。

マーケターの挑戦が組織の壁を切り崩す

デジタル、リアルのチャネルを縦横無尽に行き来する現代の消費者。いつ、どこで起きるか分からない消費者のアクションに対応するため、いま注目されているのが「オムニチャネル」の概念だ。消費者にストレスを感じさせないデジタルとリアルがシームレスにつながる環境の実現が、カスタマーエクスペリエンスの向上に欠かせない要素となっているが、チャネル別、機能別に分化した企業組織が、その実現を阻んでいるという課題の声も聞こえてくる。

宣伝会議ではこうした課題に応えるため、日本でオムニチャネルという言葉が浸透する以前からEコマース領域における顧客とのタッチポイントの統合を支援するソリューションを提供してきたハイブリスジャパンの協力を得、マーケティング担当者が参加し、オムニチャネル実現の道筋を考えるラウンドテーブル企画を立ち上げた。ハイブリスは1997年にドイツ・ミュンヘンの地で設立された後、グローバルで事業を拡大。現在、世界500社以上で導入実績がある。日本法人は2012年に設立された。

ラウンドテーブルは、まず多摩大学大学院の山岡隆志氏による講演「オムニチャネル時代のマーケティング」からスタート。オムニチャネルに求められるマーケティングの理論や考え方について山岡氏からレクチャーがあった。その後、電通レイザーフィッシュの得丸英俊氏から欧米におけるカスタマーエクスペリエンスを高める実践ケースが紹介された。

続いて、参加者同士のラウンドテーブルを開催。今回はオークローンマーケティング、JVCケンウッド、千趣会、プラザスタイル、ヘンケルジャパンの5社が参加をした。山岡氏をモデレーターに主に組織、人材、システム、マーケティングの各項目について「オムニチャネル実現に際して課題となるものは何か」また「その解決策とは」をテーマにディスカッションが繰り広げられた。

話し合いを通じ、どこの企業でも組織間の壁が真の顧客視点のマーケティング実現を阻む要因になっている点が改めて浮き彫りとなった。しかし、日本の企業には失敗を許さない風土があるものの、担当者がまずは小さくともトライを始め、その結果を基に周囲を説得していくことが必要という前向きな意見でディスカッションは終了した。

さらにディスカッションではIT活用への期待を感じる声も多かったが、現状はベンダー主導のアプローチで現場担当者がアクションしづらい状況になっており、デジタル活用を推進する上では、全社的な活動を本分とするマーケターがこの状況の改善にも向き合う必要があるとの声も出ていた。

img02

電通レイザーフィッシュ・代表取締役社長の得丸英俊氏からは、先行する欧米企業の事例が紹介された。



img03

ラウンドテーブル企画に協力するハイブリスジャパン・代表取締役社長の堀裕氏。「ディスカッションが、皆さんのこれからの仕事の価値になれば嬉しい」。

    ラウンドテーブルおよび開催テーマについてのお問い合せ

    ハイブリスジャパン株式会社 マーケティング担当宛
    TEL.03-6737-3888 
    E-mail.marketing_japan@hybris.com

Pick Up!(PR) の記事一覧

シンプルだから伝わるsimpleshowの解説ビデオ
企業保有データを解析するデータアナリスト集団
オムニチャネル実現の道筋を考える(この記事です)
カジュアルフレグランスの先駆け ブランド立ち上げに関わる醍醐味
ここにしかない成長環境でチャンスをつかめ
映像ニーズに幅広く対応 地元大阪で依頼が急増する制作会社
テレビCMと動画広告の適切な組み合わせを検証
ビジネス成果につなげるコンテンツマーケティングセミナー開催レポート
「分かりやすさ」が広げる企業の動画活用
見せる+見られる 2つのアプローチで動画の効果を最大化
オンラインの知見を結集 動画制作のスペシャリスト集団
狙うはスマホゲームユーザー 「ゲーム×動画」で市場を盛り上げる
互いのブランドを高め合う企業コラボレーション
最新メディアプランニングから考える組織とは
広告効果を最適化させるメディア配分とは

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する