広告マーケティングの専門メディア

Pick Up!(PR)

見せる+見られる 2つのアプローチで動画の効果を最大化

Yahoo! JAPAN・GyaO!

シャープは今年6月、松木安太郎氏を起用した実況中継風のビデオ広告を、GyaO! およびYahoo! JAPAN上で展開した。企画はGyaOとシャープが共同で行い、動画サイトの運営などで培ってきた「見られる」動画コンテンツを制作するためのノウハウを存分に盛り込んだという。

Web上で広がる動画ならではの企画を提案

今回紹介する動画は、シャープの4K対応液晶テレビAQUOS「UD20」のプロモーション目的で制作された。“熱すぎる”スポーツ解説者として知られる松木安太郎氏と実況中継アナウンサーの中村義昭氏が、製品の特徴を実況中継風コントで解説するユニークな内容で、無料動画配信サービス「GyaO!」をはじめとした動画配信サービスで展開された。

この企画はキャスティングも含め、動画のディレクションおよび作品が「見られる」動画コンテンツになるための設計をGyaOが担当した。広告主であるシャープからの要望は、「Web動画を活用し、購買力のあるインターネットユーザーへ新製品の4Kテレビの認知を広げたい」というものだったという。テレビCMにはない、Webならではの広がりを作れる動画コンテンツが求められる中で、「見られる」動画コンテンツ制作についてプロの知見を持つGyaOに企画からの参加の打診があった。

この話を受けたGyaOでは、インターネットユーザーと親和性の高い、松木氏を起用した実況中継風の企画を提案。「Web上で引きのある面白いものにするために、単なる広告ではなく、『コンテンツ』にもなるように、シャープのWeb企画担当者と繰り返し、相談しながら制作しました」とGyaO濱田雄司氏は話す。松木さん出演の話題性や、コントやオチの面白さ、製品の特徴を小出しにしながら商品を最後まで明かさないといった方法で視聴者の興味を引き、最後まで見てもらえる動画に仕上げた。

完成した動画は、「インストリーム」、「インスクロール」(図1)に出稿したほか、GyaO! の「バラエティ」カテゴリのコンテンツとしても掲載。さらに、Yahoo! JAPANトップページのYahoo!映像トピックス枠に取り上げられたことでアクセスが一気に伸び、7月末現在、同記事ページは18万を超えるPVとなっている。視聴者からは「シャープの広告が面白い」といったポジティブな反応があり、他の映像サービスでも「松木」という検索キーワードから同映像の視聴に数多くつながったという。

見られる動画素材制作の知見は媒体社が持っている

「動画素材は『制作する』だけでは未完成です。ただ、動画サイトに置いておくだけでは、あまり見られることはありません。広告主がその動画素材を『見せたい(=広告展開など)』のか、『見られたい(=ユーザーの意志で視聴してもらいSNSで拡散させるなど)』のか、目的に合致した制作とコミュニケーションプランを企画することが重要です」とヤフー半田英智氏は話す。

Yahoo! JAPANのトップページからリンクがはられるYahoo!映像トピックスには、日々大量のアクセスが集まる。Yahoo!ニュースの記事がトピックスとしてトップページに掲載されると話題が一気に広がるように、トップページのYahoo!映像トピックス枠に取り上げられることで、アクセスが急伸することは、映像関係者にはよく知られており、ユーザーに動画をSNSなどで拡散してもらうための有効な起点となる。

「GyaOの営業担当者は、Yahoo! JAPANトップページのYahoo!映像トピックス枠に取り上げられる動画を制作するためのノウハウを常々研究し、蓄積しています」と半田氏。Yahoo!映像トピックス枠に掲載される動画はすべてYahoo!映像トピックスの編集判断に委ねられるため、制作した動画が必ずしもYahoo! JAPANトップページのYahoo!映像トピックス枠に掲載されるわけではないが、今回のシャープの事例は、こうした知見を動画コンテンツ制作の企画提案という形で提供したものだ。このように、「見せる」広告展開と、「見られる」動画コンテンツ制作で2つのコミュニケーションプランを企画提案できるのは、動画の配信だけでなく、メディアとしての立場も持つGyaO! ・Yahoo! JAPANならでは。今後も動画素材の企画段階から携われる機会を増やし、「様々な手段で展開できるビデオ広告の可能性を広げるべく、クライアントと共に取り組んでいきたい」という。

「 制作する」過程で「見せる」(=広告展開など)、「見られる」(=ユーザーの意志で視聴してもらいSNSで拡散させるなど)ことを意識した企画提案をすることで、動画の効果を最大化した。



    お問い合わせ

    ヤフー株式会社 Yahoo! JAPAN マーケティングソリューション
    http://marketing.yahoo.co.jp/contact/

    ※「プレミアム広告に関するお問い合わせ」にご連絡ください。

半田英智 氏

ヤフー マーケティングソリューションカンパニー ビデオ広告営業責任者
兼 GyaO 取締役 営業本部長

濱田雄司 氏

GyaO 営業本部 ソリューション営業部 マネージャー

Pick Up!(PR) の記事一覧

映像ニーズに幅広く対応 地元大阪で依頼が急増する制作会社
テレビCMと動画広告の適切な組み合わせを検証
ビジネス成果につなげるコンテンツマーケティングセミナー開催レポート
「分かりやすさ」が広げる企業の動画活用
見せる+見られる 2つのアプローチで動画の効果を最大化(この記事です)
オンラインの知見を結集 動画制作のスペシャリスト集団
狙うはスマホゲームユーザー 「ゲーム×動画」で市場を盛り上げる
互いのブランドを高め合う企業コラボレーション
最新メディアプランニングから考える組織とは
広告効果を最適化させるメディア配分とは
オムニチャネル時代のデジタルマーケティングセミナー
「ブランディング」とは「幸せな関係づくり」である
デジタルを活用したマーケティング施策を表彰「コードアワード2014」結果レポート
さらなるユーザー満足を目指し、デジタルマーケティング分析を強化
マーケター3000名が来場 最新のデジタルマーケティングサービス発表セミナー
マーケティングのプロが語る「不動産業界と街づくり」
他キャラクターと一線を画す独自路線のチャリティ活動
ROIを3カ月で500%アップさせたカスタマーエクスペリエンス

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する