広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

郷土愛をくすぐる「ご当地OOH」事例集

アウトドア(吉田勝広)

アサヒ飲料は、全国56種類のご当地キャラクターのキーホルダーを巨大ガチャイベントでプレゼントした。

ご当地キャラクターをプレゼント!

2月4日、アサヒ飲料は十六茶のプロモーションで丸ノ内線新宿駅にあるOOH広告を使った。高さ約2m、左右14mの大型ボード4面に柱巻き広告30本、さらに天井からつり下がる高さ0.35m、左右3mものバナー広告を20面実施した。合計80mに及ぶ東京メトロ最大の広告スペースを使った展開は空間ジャックといえるもので、広告面に使われている青空の色が通路全体を染めて爽やかな印象だった。

テレビCMでは、ご当地キャラクターが使われているが、それらを大型ボードで紹介。同時に、イベント展開も行った。日本全国56種類のキャラクターをあしらったキーホルダー入りカプセルを、大きなボックスに詰め通路に設置。巨大ガチャイベントで通行者に無料でプレゼントをしたのだ。期間中、10:00から一日8回実施したが、その効果は絶大で、毎回行列ができた。会場では広告キャラクターの新垣結衣さんが歌う「LOVEマシーン」の替え歌が聞こえ、テレビCMのリマインド効果も出していた。

気になったのは、プレゼントコーナーだけでなく、ご当地キャラクターを紹介しているポスターボードの前でも人々が立ち止まっていた点だ。この中にはなかったが、今やふなっしーやくまモンのようにキャラクター自体が人気になっているものもあるが、自分の住んでいる地域や出身地にゆかりのあるキャラクターを探す人もいたのである。

あと58%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

プロモーショナル・マーケター認証資格試験に530人が合格
欧米のカンファレンスはなぜ、業界問わず盛り上がるのか?
オリンピック・パラリンピックのレガシーを整理する
郷土愛をくすぐる「ご当地OOH」事例集(この記事です)
正月の新聞紙面「広告も注目する人」は56.5%
医療マーケティングの課題とは何か
2014年度のテレビ・ラジオ営業収入、3年連続増収の見通し
受験生のインサイトを突く交通広告まとめ
プロモーションがメーカー営業スタッフの重要なテーマに
イオンモール幕張新都心に見る「能動体験」によるイベントの効果
米ヤフーCEOからのキーワード「tl;dr」とは?
日本マーケティング学会「マーケティングサロン」の取り組み
新聞紙面「15段」から「12段」への移行が活発化
ソチ五輪の民放共同戦線「ソチをウチで。」
開始9年で7000人以上が受験した、プロモーショナル・マーケター資格試験
放送と通信が融合したら、放送の立ち位置はどうなる?
優れたマーケティング論文を表彰する「ベストペーパー賞」発表

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する