広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

開始9年で7000人以上が受験した、プロモーショナル・マーケター資格試験

プロモーション(坂井田稲之)

受験者数が7298人に

日本プロモーショナル・マーケティング(JPM)協会は、東京(お茶の水女子大学)・大阪(天満研修センター)・名古屋(名古屋大原学園)の3会場で、プロモーション職の高度専門職能を公に認める「プロモーショナル・マーケター(PM)」認証資格試験を、11月3日に実施した。第9期の総受験者数は898人で、9年間の累積受験者数は7298人にのぼる。

午前の部の試験はプロモーションの基本知識。プロモーショナル・マーケティングの体系と計画、プロモーション手法の計画と展開、プロモーション・メディア&ツールの制作のそれぞれの重要用語の理解度の試験で、すべて選択式で答える問題であった。

午後の部は計画立案の「実技試験」となり、プロモーショナル・マーケティング戦略の設計演習、プロモーショナル・マーケティングの戦術計画(実行計画)の立案演習となっている。

あと71%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

開始9年で7000人以上が受験した、プロモーショナル・マーケター資格試験(この記事です)
放送と通信が融合したら、放送の立ち位置はどうなる?
優れたマーケティング論文を表彰する「ベストペーパー賞」発表
前年の2倍、300人以上が受験した「スポーツイベント検定」とは?
日経が英文媒体を創刊、電子サービスに新たな動き
韓国ソウルのOOH事情
セールス環境は厳しい?W杯日本戦、放送試合が決定
マーケティング戦略のグローバル・トレンド
ソチ五輪本番に向けて、NHK・民放ともにネット展開も強化
国際イベントに企業活動を加え、日本で開催する「理由」を強化
夢の対決「リアル美味しんぼ」など、新聞の特徴を活かしたコラボが多発
多様なデジタルサイネージ体験で広がる、グランフロント大阪のPR戦略
クラウドゲームがテレビにもたらす変化とは?
OOHメディアでTシャツを着用できるAR体験
2020年に向けて、国際化が進む日本のイベント業界
プロモーションに特化した、日本唯一の論文集が発刊に
活発化する「ハイブリッドキャスト」、広告ツールとしての展望は?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する