広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

受験生のインサイトを突く交通広告まとめ

アウトドア(吉田勝広)

121_01.jpg

ファブリーズの受験生応援キャンペーン。オリジナル絵馬に合格祈願のメッセージを書いてポスターに貼りつけられるようにした。

合格祈願を自分ごと化

大学入試センター試験直前の1月13日から1週間、P&Gは、「ファブリーズ 受験生応援キャンペーン」でOOHメディアを使った。地下鉄丸ノ内線新宿駅には、松岡修造さんの「自分を信じろ!君ならできる!」というメッセージが書かれた高さ約2m、左右14mもの大型ポスターを掲出。同時に、松岡さんの「自分を信じろ!君なら出来る!You can do it!!」など、30種類の熱い声のメッセージも流した。注目は、ファブリーズオリジナル絵馬に「合格祈願」のメッセージを通行者に書いてもらい、ポスターに貼りつけられるようにしたOOH独自の展開だ。メッセージの書かれた絵馬は、後日学業成就の神社にてお焚き上げをするという本格的なものだ。書いた名を見ると、受験生本人だけでなく両親、兄弟、友達、後輩、先生などもいて幅広い。受験生に関わるまわりの多くの人が暖かいメッセージを送っていた。

「合格祈願」といっても、中学、高校、大学の入試だけでなく、医師国家試験、建築士、保育士、ヨガの資格、ファイナンシャルプランナー、Webデザイン技能検定、ドイツ語技能検定、大学生の単位取得、卒業試験、校長試験、会社の採用試験など対象は実に広範囲にわたっていた。「合格祈願」というキーワードに共感した多くの通行者が「自分ごと化」しメッセージを書いたと言えるのではないだろうか。

受験生応援のプロモーションはキットカットに代表されるように「きっと勝つと、受かる、落ちない、突破する、吉報」などの言葉にかけたものが有名だが、ウィルスを除去して受験のラストスパートを応援するというファブリーズの例は斬新だろう。

あと45%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

受験生のインサイトを突く交通広告まとめ(この記事です)
プロモーションがメーカー営業スタッフの重要なテーマに
イオンモール幕張新都心に見る「能動体験」によるイベントの効果
米ヤフーCEOからのキーワード「tl;dr」とは?
日本マーケティング学会「マーケティングサロン」の取り組み
新聞紙面「15段」から「12段」への移行が活発化
ソチ五輪の民放共同戦線「ソチをウチで。」
開始9年で7000人以上が受験した、プロモーショナル・マーケター資格試験
放送と通信が融合したら、放送の立ち位置はどうなる?
優れたマーケティング論文を表彰する「ベストペーパー賞」発表
前年の2倍、300人以上が受験した「スポーツイベント検定」とは?
日経が英文媒体を創刊、電子サービスに新たな動き
韓国ソウルのOOH事情
セールス環境は厳しい?W杯日本戦、放送試合が決定
マーケティング戦略のグローバル・トレンド
ソチ五輪本番に向けて、NHK・民放ともにネット展開も強化
国際イベントに企業活動を加え、日本で開催する「理由」を強化

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する