日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

           

社内コミュニケーション 改革のプロセス

伊藤忠、社員を前面に出す広告の効果は?

「人が財産」、社員が全15段広告に
新聞広告「ひとりの商人」シリーズでは、それぞれの仕事にストーリーがつづられ、最後は「伊藤忠商事は、私です」というフレーズで締めくくられている。岡藤正広社長も、幼少時代の姿で登場している(右下)。

業界2位へ、さらなる躍進目指す

2011年度に業界3位に、2015年度は業界2位に浮上する見通しの伊藤忠商事。自社の独自性を社会に訴え、社員にもさらに高い目標に挑んでもらいたいと、2014年6月にコーポレートメッセージ「ひとりの商人、無数の使命」を策定した。このメッセージを軸とした企業広告には新入社員からベテラン社員まで、様々な職種の社員が登場している。「好業績を背景に社会からの注目度が上がる中、社員に今一度原点に立ち返り、気を引き締めて次のステップに向かってほしいという思いがありました」と広報部企画・制作室長の栗原章氏は狙いを語る。

2014年10月から展開した「ひとりの商人」シリーズでは、社員8人の仕事のインタビューを全15段で新聞に掲載した。

「社員約70人に仕事に対する思いについてアンケート調査を実施し、この中から30人にインタビューを行い、さらに8人を選出して広告を制作しました。総合商社にとって財産は …

あと29%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

社内コミュニケーション 改革のプロセス の記事一覧

社内でウォーキングレッスン?! 社内活性化のアイデア8事例
インターナルコミュニケーションの効果検証、外部視点の導入とKPIが課題
伊藤忠、社員を前面に出す広告の効果は?(この記事です)
職場の風通しが業績に直結!社内コミュニケーション最新事情
真の敵は身内!?社内に潜むリスクのタネ
新卒エントリー数が7倍に!アルパカの「クラレちゃん」起用の効果
ベンチャーの成長を後押しする社内コミュニケーション「クエスト制度」とは
年1000点の新商品を生む アイリスオーヤマ、強さの秘密
男性幹部の意識改革を!「佐川女子」活躍への道
野村総研で27年ぶりに復活の社内運動会 参加者満足度9割の秘密
10年ぶりの上場を実現させた 西武HDのグループビジョン共有法とは
スカイマーク支援のインテグラル・佐山氏が全支店の従業員と会った理由

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する