日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

           

社内コミュニケーション 改革のプロセス

男性幹部の意識改革を!「佐川女子」活躍への道

佐川急便

従業員の約8割を男性が占める佐川急便で、女性が働きやすい職場を目指す環境づくりが進んでいる。まず同社が注力したのは、「男性の意識を変える」社内コミュニケーションだ。

女性向け社内報でロールモデルを提示
女性活用推進の取り組みについて認知を高めるため、
2013年7月から女性向け社内報の発行がスタート。
活躍する女性社員のインタビューや、
スキルアップを目指すコーナーなどが人気を呼んでいる。

ロールモデルを示す社内報

佐川急便といえば、青と白のツートンカラーの制服に身を包んだ「佐川男子」をイメージする人は多いだろう。実際に現場で働く従業員の8割近くを男性が占めている。同社ではもっと女性が働きやすく、活躍できる職場を目指そうと、2011年からグループ横断プロジェクト「わくわくウィメンズプロジェクト」を発足させた。

「女性の働きやすさを実現するため、持ち株会社であるSGホールディングスが主体となって活動を進めていきました。しかし、グループ内でも事業会社ごとに業種が違い、課題も違うため、まずは佐川急便内で専門的な部署や組織を設立。独自に活動を始めました」と人事部女性ワクワク推進課課長の三宮加代氏は振り返る …

あと79%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

社内コミュニケーション 改革のプロセス の記事一覧

社内でウォーキングレッスン?! 社内活性化のアイデア8事例
インターナルコミュニケーションの効果検証、外部視点の導入とKPIが課題
伊藤忠、社員を前面に出す広告の効果は?
職場の風通しが業績に直結!社内コミュニケーション最新事情
真の敵は身内!?社内に潜むリスクのタネ
新卒エントリー数が7倍に!アルパカの「クラレちゃん」起用の効果
ベンチャーの成長を後押しする社内コミュニケーション「クエスト制度」とは
年1000点の新商品を生む アイリスオーヤマ、強さの秘密
男性幹部の意識改革を!「佐川女子」活躍への道(この記事です)
野村総研で27年ぶりに復活の社内運動会 参加者満足度9割の秘密
10年ぶりの上場を実現させた 西武HDのグループビジョン共有法とは
スカイマーク支援のインテグラル・佐山氏が全支店の従業員と会った理由

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する