日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

           

長寿企業の極意・周年イヤーの迎え方

佐藤可士和氏がプロデュース、社名変更したモルトベーネ40周年事業の裏側

ビューティーエクスペリエンス

社史や理念、事業の意義を見直す機会となる周年をどのように迎えるか。長寿企業から学ぶ連載です。

こだわったノベルティが好評
6月3日、六本木ヒルズクラブで行った発表会で配布したノベルティも佐藤可士和氏が監修。(上から)素材やロゴ表現にこだわったトートバッグ、福井敏浩社長が今回の変革に合わせて著した書籍、発表会会場の10のブースと連動したコンセプトブック。新製品5点も同梱した。

ビューティーエクスペリエンス
1975年創業

パーマで傷んだ髪を美しく健康にしたいと、初代社長の福井耀氏がサロン向け製品メーカーのモルトベーネを創業。1980年代後半、一般向け製品へも進出。2001年には福井敏浩社長へと代替わりし、現在は海外へも積極的に展開。40周年の節目に社名とロゴを変更した。

1975年に「髪。より美しく より健やかに」を経営理念に、美容室向けヘアケア製品からスタートしたモルトベーネは創業40周年を迎えた今年、ビューティーエクスペリエンスと社名を新たに再スタート。ロゴやミッションステートメントも一新されました。クリエイティブディレクターに佐藤可士和氏を迎え、2013年からスタートした40周年プロジェクトについて、広報室の花岡大樹室長、今井さちさん、坂口奈那さんにお話を伺いました。

変化に対応すべく社名を変更

今回のプロジェクトは、社名変更ありきではなく、創業40周年を機に新たなCIを佐藤可士和氏に依頼したところからスタートしました。佐藤氏と福井敏浩社長が話し合う中で、社名変更の案が挙がったそうです。会社としての40周年の節目に加え、福井氏が同社を引き継がれて15年目だったことも背中を押し、社名変更を決意されました。

会社が成長を続けるためには、環境変化への対応が欠かせません。しかし一方で、変わるということには、それまで積み重ねてきた何かを失うリスクもあります。福井社長もこの葛藤の中で、何回も議論や思考を重ね、「美しさを追求する」という自社の原点に立ち返った結果、今回の社名が誕生しました。周年の節目は「未来」に向けて「過去」に立ち返る機会、「変革」のために「継承」すべきことを見つける機会。同社の40周年は、まさに周年の節目の本質を捉えたコーポレートブランディング、会社の変革活動に取り組まれた事例といえます。

社内外のブランディングを接続

6月3日に行われた、顧客・取引先・メディア向けの周年記念イベントでは新社名・ロゴ・ミッションステートメントのお披露目はもちろん、社員自らイベントの場で新発売となる製品を来場者にプレゼンテーションされていました。周年のタイミングに合わせてこれだけの変更を同時に行うことは …

あと64%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

長寿企業の極意・周年イヤーの迎え方 の記事一覧

佐藤可士和氏がプロデュース、社名変更したモルトベーネ40周年事業の裏側(この記事です)
「コ・クリエーション」がテーマ 世界トップ化学会社の150周年プログラムとは?
周年はインナー広報の絶好の機会、BtoB企業の周年プロジェクトに密着

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する