日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

経営トップは今、何を語るべきか

トップ交代はPRのチャンス 注目3社に聞いた新戦略

経営トップの交代はメディアをはじめ、ステークホルダーの関心が高まる絶好のPRチャンスだ。近年、新たなトップが就任した3社は、社内外にどんなメッセージを発信したのか。

ジャパネットホールディングス

CIを全面リニューアルし
新体制をアピール

今年1月、創業者で同社の代名詞ともいえる存在の
高田明前社長(右)が退任し、長男の旭人氏が新社長に。

今年1月、ジャパネットホールディングスでは、創業者である高田明氏が社長を退任し、長男で副社長を務めていた高田旭人氏が新社長として就任した。新体制を印象付けるため、社長交代や体制変更に伴う記者会見を実施。メディア約36社が出席した。リニューアルしたコーポレートロゴの前で新旧社長が握手するシーンは多くのメディアに取り上げられた。

このほか、同社では新CMの制作や会社案内、コーポレートサイトのリニューアル、名刺・社員証といったツールのデザイン変更など、様々な施策を展開した。

HD広報・秘書室 チーフの米田哲郎氏は「創業理念をより具体化して実現させるための体制強化であることを発信していきたいです。1月より6社体制になりましたが …

あと77%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

経営トップは今、何を語るべきか の記事一覧

表情、声、ファッション……経営トップのプレゼン力、磨くべき6つのスキルとは?
トップ交代はPRのチャンス 注目3社に聞いた新戦略(この記事です)
会見で生きるテクニックを伝授 トップは「3つのキーワード」で語れ
日本のトップは「顔が見えない」?海外に発信力を高めるポイント
経済ジャーナリスト・内田裕子氏に聞く トップの発信力
『カンブリア宮殿』プロデューサーに聞く 密着取材の裏側
従業員の一体感を高める サザビーリーグ、社のDNA伝えるイベント
取材は事前許可不要 ライフネット生命出口会長×広報関谷さん
ベネッセ、資生堂、ドコモ……記者会見の「質疑応答力」が高いトップは誰だ?
あの「Twitter部長」が社長に! 企業を成長させるSNS活用法
作家・村上龍が語る 「時代を生き抜く」経営者の共通点

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する