日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

グローバル広報の第一歩

ステップ別でわかる「グローバルの情報発信、クリアすべき課題とは?」

田島学(アンダーワークス 代表取締役社長)

コーポレートサイトを管轄している広報部門の場合、グローバル向け情報発信も管轄となるケースが多い。まずはサイト構築にあたり、生じる課題を整理してみよう。

日本企業が海外に進出する場合、ウェブサイトにおける海外向けの情報発信はどの部門が管轄するのか─。これはすべての企業に共通する悩ましい課題だ。

編集部が2013年末から2014年1月にかけて実施した広報部アンケート(150社が回答)では、約7割の企業が「広報部門が自社サイト運営を担っている」と回答している。つまり国内サイトを手掛ける広報部門では、グローバルサイトを含め管轄せざるをえないというケースが一定数発生しているということを示している。

ところがウェブサイトのグローバル対応となると、広報部門が持ちうる知見やキャパシティを超えた業務となってしまうケースが多い。中でも最も煩雑なのは、関わる組織の交通整理だろう。本社の海外事業部門はもちろんのこと、各国・地域にある拠点との連携が欠かせない。

時にはマーケティングの知識が必要な場面もあり、大規模な投資とその説明責任も求められるため、グローバルサイトを整備する重要性は認識しながらも腰が重くなりがち……という企業の悩みは増すばかりだ。

企業の海外向けサイトのプロジェクトに多数携わってきたアンダーワークスの田島学社長によれば ...

あと79%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

グローバル広報の第一歩 の記事一覧

東南アジア各国別に分析、良く使われるSNSとビジネス活用法
キーワードは「体験」、口コミ大国・中国の情報流通構造に迫る
メディアや投資家に響く、グローバル広報の基本とは?
記者が取材に遅れてくるのは当たり前、アジアでのPR活動の心得
ATM事業で中国トップシェア、沖電気工業の海外広報戦略とは?
ステップ別でわかる「グローバルの情報発信、クリアすべき課題とは?」(この記事です)
「接触度」「信頼度」で見る、アジア10都市のメディア実態
米国のオンラインメディア向けPR、記者の興奮を引き起こせ
12部門横断で実現、ダイキン工業グローバルサイト再構築の裏側
Facebookファン数740万超、北米のカーマニアを熱狂させたニッチ戦略とは?
リリース転載は当たり前、タニタに聞く「中国メディアとの付き合い方」
きゃりーぱみゅぱみゅ効果か、台湾でサンスター「Ora2」売上160%に
欧州メディア、日本企業の女性活用に厳しい論調
魚谷新社長就任、資生堂のグローバル広報はどう変わる?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する