日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

グローバル広報の第一歩

リリース転載は当たり前、タニタに聞く「中国メディアとの付き合い方」

タニタ

国内の大手メーカーは、いかに海外での知名度を高めてきたのか。特に近年、力を入れている市場や領域などを中心に、現在取り組んでいる具体的な広報活動とその課題について紹介します。

img01

研修施設を進出の足がかりに中国・広東省の研修施設の様子。これをきっかけに中国への本格的な参入がスタートした。

中国版『Oggi』とのコラボも

家庭用の体重計販売はもちろん、レシピ本「体脂肪計タニタの社員食堂」(大和書房刊)シリーズのヒットを皮切りに、健康や美容分野で幅広く事業を展開するタニタ。

海外部門では、1988年に初の海外拠点となるアメリカ、香港に現地法人を設立したところからスタートした。現在売上の約3割が海外市場によるもので、その多くは、欧州や北米が占めている。今後は海外の割合を5割にまで増やしていく方針を掲げている。これに先立ち、同社が今後の事業拡大を目指しているのは中国だ。

タニタでは、1997年に中国への事業進出の足がかりとして、広東省東莞市の工場内に工業デザインを教える現地の大学教師にデザインについて指導する「国際芸術研修所」を創設した。

2007年、ちょうど設立から10年となった節目をとらえ、中国国内や日本にこの取り組みをPRしようと、 ...

あと79%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

グローバル広報の第一歩 の記事一覧

東南アジア各国別に分析、良く使われるSNSとビジネス活用法
キーワードは「体験」、口コミ大国・中国の情報流通構造に迫る
メディアや投資家に響く、グローバル広報の基本とは?
記者が取材に遅れてくるのは当たり前、アジアでのPR活動の心得
ATM事業で中国トップシェア、沖電気工業の海外広報戦略とは?
ステップ別でわかる「グローバルの情報発信、クリアすべき課題とは?」
「接触度」「信頼度」で見る、アジア10都市のメディア実態
米国のオンラインメディア向けPR、記者の興奮を引き起こせ
12部門横断で実現、ダイキン工業グローバルサイト再構築の裏側
Facebookファン数740万超、北米のカーマニアを熱狂させたニッチ戦略とは?
リリース転載は当たり前、タニタに聞く「中国メディアとの付き合い方」(この記事です)
きゃりーぱみゅぱみゅ効果か、台湾でサンスター「Ora2」売上160%に
欧州メディア、日本企業の女性活用に厳しい論調
魚谷新社長就任、資生堂のグローバル広報はどう変わる?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する