日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

グローバル広報の第一歩

「接触度」「信頼度」で見る、アジア10都市のメディア実態

加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所)

活字よりも映像メディアが強く、テレビの接触度が高いアジア。国によりメディアの成り立ちが異なるためその信頼度は様々だ。PCやスマートフォンを経由した情報接触が各国で増えるなか、10都市のメディア実態に迫る。

    調査概要

  • 博報堂のグローバル生活者調査「Global HABIT」
  • 調査対象

  • 世界の主要35都市の15~54歳男女(世帯収入によりスクリーニング、各都市の中上位収入層)、各都市500~800名(本ページでは10都市のメディアに関する調査結果のデータを抜粋)
  • 調査時期

  • 2013年5月~8月上旬
  • 調査方法

  • 訪問面接、会場での個人面接

テレビが10都市ともトップに

本項では、中国(上海・北京・広州)、シンガポール、マレーシア(クアラルンプール)、タイ(バンコク)、インドネシア(ジャカルタ)、ベトナム(ホーチミン)、ミャンマー(ヤンゴン)、フィリピン(メトロマニラ)という10都市について、博報堂のグローバル生活者調査「Global HABIT」における各メディアの評価に関する調査項目を抽出。各都市ともに「よく接するメディア」としてあげられた上位5つのメディアに絞り込み、それぞれ「信頼できる」という回答が得られた割合をパーセンテージで示している(詳しい調査概要は左記のとおり)。

この結果によれば、10都市ともにテレビが「よく接するメディア」のトップとして位置付けられていることが分かる。テレビに対する「信頼度」のスコアは都市により異なるが、フィリピン(89.5ポイント)やインドネシア(87.4ポイント)、ベトナム(85.1ポイント)、タイ(81.5ポイント)は高めの評価。一方で評価が低いのはマレーシア(43.4ポイント)、中国・広州(49.6ポイント)など。

テレビとスマホの連携に注目

アジア各国での定量調査や生活者を対象としたインタビュー調査などに携わる博報堂DYメディアパートナーズメディア環境研究所の上席研究員・加藤薫氏は「日本と比べて相対的にテレビのパワーが強い」とした上で、今後は ...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

グローバル広報の第一歩 の記事一覧

東南アジア各国別に分析、良く使われるSNSとビジネス活用法
キーワードは「体験」、口コミ大国・中国の情報流通構造に迫る
メディアや投資家に響く、グローバル広報の基本とは?
記者が取材に遅れてくるのは当たり前、アジアでのPR活動の心得
ATM事業で中国トップシェア、沖電気工業の海外広報戦略とは?
ステップ別でわかる「グローバルの情報発信、クリアすべき課題とは?」
「接触度」「信頼度」で見る、アジア10都市のメディア実態(この記事です)
米国のオンラインメディア向けPR、記者の興奮を引き起こせ
12部門横断で実現、ダイキン工業グローバルサイト再構築の裏側
Facebookファン数740万超、北米のカーマニアを熱狂させたニッチ戦略とは?
リリース転載は当たり前、タニタに聞く「中国メディアとの付き合い方」
きゃりーぱみゅぱみゅ効果か、台湾でサンスター「Ora2」売上160%に
欧州メディア、日本企業の女性活用に厳しい論調
魚谷新社長就任、資生堂のグローバル広報はどう変わる?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する