日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

グローバル広報の第一歩

きゃりーぱみゅぱみゅ効果か、台湾でサンスター「Ora2」売上160%に

サンスター

『Ora2』ブランドの若者への知名度向上とアジア進出の切り札として起用されたきゃりーぱみゅぱみゅさん。「Kawaii」文化の火付け役としても人気の彼女の「PR力」とは?

売上は前年比160%に

今や世界中で通じる概念になった「Kawaii」カルチャーの火付け役で、若年層を中心に高い人気を誇るきゃりーぱみゅぱみゅさん。サンスターのオーラルケアブランド「Ora2」では、きゃりーさんをキャラクターに起用したキャンペーンで、アジアの若年層に知名度を高めようと取り組んでいる。「歯磨き=Kawaiiをつくるもの」という概念を訴求し、新たな市場の開拓につなげるのが狙いだ。

キャンペーンは2013年から台湾、タイ、シンガポールでスタート。第2弾となる今年は中国も加えた4カ国で展開。また、今回は初の試みとして、きゃりーさんのワールドツアーがスタートするのにあわせ、台湾で記者会見に臨んだ。

5月29日、現地の報道陣約100人を前に登場したきゃりーさん。まずは、台湾語で自己紹介するさすがのPR力で、現地メディアのハートをがっちりとキャッチした。台湾の若者から「ファッションのカリスマ」として人気が高いきゃりーさんだけあって、会見後も複数のメディアから個別取材の申し込みがあるなど、海外アーティストの会見としては異例の盛り上がりをみせた。

シリーズでの展開も期待

また、キャンペーンでは商品パッケージも連動している。きゃりーさんをイメージした、ポップな配色のオリジナルパッケージを展開し、店頭での注目を集めた。

これにより商品を購入した一般ユーザーの中から、パッケージと一緒に撮った写真をSNSにアップする人も現れるなど、これまでオーラルケアのカテゴリーではあまり見られなかったバズも生んだ。

このほか、オリジナルのゲームアプリも展開し、若年層から幅広い支持を集めた。キャンペーンは5月からスタートしたが、台湾でのOra2の前年同月比の売上は約160%にまで増加。6月はさらなる結果が出るのではと、関係者の期待も高まっている。

本キャンペーンを手掛けるサンスター マーケティングサービス部の河村史さんは「アジアではまだOra2の知名度は高くありませんが、今回は現地のメディアを巻き込んで、Ora2ブランドや、サンスターそのものに可能性を感じてもらえたのは大きいですね。また、アジア圏では、各国ごとにオーラルケアの市場に特徴があり、例えば中国では歯磨きペーストが中心で、液体歯磨きなどはサブカテゴリーとして定着していないという状況にあります。キャンペーンを機に、こうした商品もシリーズとして使ってもらい、市場拡大にもつなげられれば」と、今後のアジア全土でのキャンペーン展開に大きな期待を寄せている。

グローバル広報の第一歩 の記事一覧

東南アジア各国別に分析、良く使われるSNSとビジネス活用法
キーワードは「体験」、口コミ大国・中国の情報流通構造に迫る
メディアや投資家に響く、グローバル広報の基本とは?
記者が取材に遅れてくるのは当たり前、アジアでのPR活動の心得
ATM事業で中国トップシェア、沖電気工業の海外広報戦略とは?
ステップ別でわかる「グローバルの情報発信、クリアすべき課題とは?」
「接触度」「信頼度」で見る、アジア10都市のメディア実態
米国のオンラインメディア向けPR、記者の興奮を引き起こせ
12部門横断で実現、ダイキン工業グローバルサイト再構築の裏側
Facebookファン数740万超、北米のカーマニアを熱狂させたニッチ戦略とは?
リリース転載は当たり前、タニタに聞く「中国メディアとの付き合い方」
きゃりーぱみゅぱみゅ効果か、台湾でサンスター「Ora2」売上160%に(この記事です)
欧州メディア、日本企業の女性活用に厳しい論調
魚谷新社長就任、資生堂のグローバル広報はどう変わる?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する