販売促進の専門メディア

Idea&Techniques

グラフィック広告に隠した『つかれ』で重炭酸入浴剤の疲労回復効果を訴求

TWO

ウェルビーイング事業を行うTWO(東京・渋谷)が提供する中性重炭酸入浴剤ブランド「BARTH」は、コロナ禍の「隠れ疲労」に着目したプロモーション「#疲れが見えたら重炭酸」を11月26日から実施した。

「隠れ疲労」とは、長引く自粛生活による運動不足やリモートワークのストレスなど、生活リズムや環境の変化によって蓄積していく“自分では疲労感を自覚していない疲労”のことだ。当施策では、「#疲れが見えたら重炭酸」をキーワードに、『つかれ』のひらがな3文字が隠された幾何学模様のグラフィック広告を制作し、渋谷で展開。それによって、重炭酸の効果効能の1つである「疲労回復」を、より多くの消費者に自分事として認識してもらいたいと考えた。

企画背景には、2021年夏以降、BARTHと同じ重炭酸系入浴剤が他社から次々と発売されて市場が盛り上がるなか、「重炭酸入浴剤と言えばBARTH」と、一番に想起してもらいたいとの思いがある。

広告掲出後、主にTwitter上で広告デザインが話題に。なかでも、アートディレクターのシオザワヒロユキ氏のツイートは、投稿後3日時点でリツイート2400件以上、いいね8800件以上にものぼっていたという。また、ユーザーの間では、『つかれ』の文字を見つけられたかどうかはもちろん、「見えたのでゆっくり風呂に入ろう」「BARTH本当におすすめ!よく眠れる!」など、狙っていたコメントも得られた。

当施策では、同時にTwitterキャンペーンも実施。Twitter上に提示されるビジュアルに隠された『つかれ』を探す「隠レベルチャレンジ」に参加すると、同じく文字が隠されたオリジナルグッズ「疲れ匂わせパーカー」が抽選で当たるとし、開始5日時点で8200件以上の応募があった。

*有効成分炭酸水素ナトリウムのこと

当プロモーション施策のキービジュアル。幾何学模様には、『つかれ』の3文字が隠されている。

渋谷駅に掲出したグラフィック広告。

渋谷の街角には、同様のグラフィックで制作したアンビエント広告を掲載。全33カ所(74面)。

同時に実施した、Twitterキャンペーンの投稿内容。

Idea&Techniquesの記事一覧

Idea&Techniquesの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する