販売促進の専門メディア

Idea&Techniques

スマホアプリで「ポッキー花火」「親子でする花火」調査結果受け

江崎グリコ



江崎グリコ(大阪・西淀川)が販売する菓子「ポッキー」は6月19日、「みんなで!スマホで!ポッキー花火!」キャンペーンを開始した。スマートフォンアプリ「ポッキー花火」をダウンロードし、「みんなで!スマホで!ポッキー花火!」と書かれた商品パッケージと菓子自体をカメラにかざすと、スマートフォン越しに「ポッキー」から花火が飛び出す仕掛けだ。

花火は打ち上げ花火・手持ち花火・線香花火の3種類から選択でき、スマホにかざした商品によって色が異なる。対象商品は、「ポッキーチョコレート」「ポッキー<極細>」など2袋入りの6種類の商品と、7月10日に発売した「ポッキーチョコレート<9袋入>」「いちごポッキー<9袋入>」の2種類。

同社がことし1月29日から31日にかけて実施したインターネット調査では、子どものいる30歳代〜50歳代の男女117人のうち、8割以上が「最近花火ができる場所が減ってきていると感じる」と回答。6割近くが「花火ができる環境があれば子どもと花火をしたい」と答えたという。

アプリのダウンロード・利用期間は、6月19日から11月30日まで。

Idea&Technicsの記事一覧

Idea&Technicsの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する